照蓮寺中門 附棟札

ページ番号 T1000871  更新日  令和3年12月18日

印刷 大きな文字で印刷

よみ
しょうれんじなかもん つけたりむなふだ
県指定年月日
昭和53年7月18日
所有者
照蓮寺
所在地

高山市堀端町8番地

旧所在地は高山市荘川町中野

時代
天正2年(1574)7月7日
員数
1棟、1枚
法量など
門は桁行3.13メートル、梁間2.66メートル、単層切妻造、四脚門、銅板葺

解説

 照蓮寺中門は、勅使門とも呼ばれた。『飛州志』には、「于時天正二年甲戌七月七日再興 造立当時住職善了 大工加州石河郡野之市桑山新右衛門尉藤原長宗 権大工子息総五郎」と記した棟札のあることが記されているが、この棟札は現存する。善了は第12世の住職で高山照蓮寺(現在の高山別院)の開基となった明了の前住であった。
 昭和33年、御母衣ダム建設により現在地に移築されたが、旧荘川村中野時代の照蓮寺は、そそり建つ本堂の屋根の軒先にものものしい雪囲いがあり、中門との間に名高い「せんよのツツジ」と玉石を敷き詰めた道があった。
 四脚門の中門は、両端4本の角柱と中央円柱頭部の冠木とが敷梁でつながり、組物もなく、棟束に折かたの繰形があるだけの極簡素な建物ではあるが、天正の建築であるために、本堂とは異なった様式、手法が見られる。この地方最古の門である。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 文化財課
電話:0577-35-3156 ファクス:0577-35-3172
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。