エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > くらしの情報 > 生涯学習・文化・スポーツ > 文化財・歴史 > 高山市の文化財 > 史跡・名勝 > 虚空蔵の森及び高丘山 附ハラエド、参道、音頭取岩


ここから本文です。

虚空蔵の森及び高丘山 附ハラエド、参道、音頭取岩

ページ番号 T1000986  更新日  平成27年2月10日

印刷 大きな文字で印刷

よみ
こくぞうのもりおよびこうかざん つけたりはらえど、さんどう、おんどとりいわ
市指定年月日
平成元年10月2日
所有者
生産協同組合管理地
管理者
新宮史跡保存会
所在地
高山市新宮町字コウカザン
時代
室町時代(15世紀)
員数
1箇所
神社跡(1箇所)小さな礎石が下に並び、上部にも小さな祠用の礎石が遺存する。

解説

新宮町には往古本宮、新宮の両神社が鎮座していた。「虚空蔵の森」は本宮の跡地といわれ、境内には、かつて大木の3本杉が繁茂していたと伝えられ、内1本の切株が今も残されている。
本宮跡は新宮神社から南に4キロメートル離れた山中にあり、山は高丘山(コウカザン)と呼ばれる。新宮神社拝殿下から、神体山にふさわしい秀でたその山容を遠望することができる。
現在、地元では『斐太後風土記』などの熊野由来説が堅く信奉されているが、山岳信仰の霊場を今に伝える、当地方に稀な史跡である。
新宮神社から郡上街道を西へ進み、標柱の矢印に沿って山の方へ登ると、虚空蔵の森へ行ける。途中に音頭とり岩、祓(はらえ)所があり、さらに登ると新しくつくられた林道沿いにこの森がある。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 文化財課
電話:0577-35-3156 ファクス:0577-35-3172
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る


このページのトップへ戻る