エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > くらしの情報 > 生涯学習・文化・スポーツ > 文化財・歴史 > 高山市の文化財 > 史跡・名勝 > 幸田善太夫墓


ここから本文です。

幸田善太夫墓

ページ番号 T1000979  更新日  平成27年2月10日

印刷 大きな文字で印刷

よみ
こうだぜんだゆうはか
市指定年月日
昭和43年3月9日
所有者
東照宮
所在地
高山市西之一色町3丁目986番地 東照宮 社務所裏
時代
江戸時代(18世紀)
員数
1基ほか
法量など

墓(1基)棹石高さ78.3センチメートル、幅39.2センチメートル、台石高さ35センチメートル

解説

墓は、松泰寺境内にあり、棹(さお)石正面に「真良院幸田善太夫藤原高成墓」と刻んである。墓地より1段低く、天明5年(1785年)4月次子従五位下摂津守源保明奉献の石燈籠1対がある。
幸田善太夫は名高成、延享2年(1745年)7月飛騨代官を命ぜられて着任し、寛延3年(1750年)6月6日高山で病没した。治政5か年、植樹を奨励し、馬鈴薯の種子を輸入するなど、遠謀の施策に心を労した。そのため飛騨では馬鈴薯のことを「せんだいも」「ぜんだいも」と呼ぶようになった。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 文化財課
電話:0577-35-3156 ファクス:0577-35-3172
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る


このページのトップへ戻る