エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > くらしの情報 > 生涯学習・文化・スポーツ > 文化財・歴史 > 高山市の文化財 > 史跡・名勝 > 畑佐城跡


ここから本文です。

畑佐城跡

ページ番号 T1000989  更新日  平成27年2月10日

印刷 大きな文字で印刷

よみ
はたさじょうあと
市指定年月日
平成9年5月21日
所有者
直井源治 他8人
管理者
新宮町内会
所在地
高山市新宮町 狐洞
時代
中世
員数
1箇所 500×300メートル 城郭縄張及び大手、搦手

解説

畑佐城跡は、新宮町字狐洞に構えた中世の山城である。新宮神社裏手の山頂に立地し、上枝地区南半分、山田城を眺望できる見晴らしのよいところにある。地元では立壁(たちかべ)城とも呼称する。
大手道が南西側から尾根を登り、途中山頂近くに2ヵ所の堀切・曲輪を認め、山頂の二ノ丸に至る。二ノ丸から尾根上に本丸が広がり、北側外郭に半月状の曲輪、東側には腰曲輪などがみられる。二ノ丸から南東へ下る「旧赤坂道」という道もあり、また本丸から北方山麓鬼ヶ洞へ下る道が搦手道と考えられる。搦手道途中に「首切り場」と呼ばれる平地があり、「山田紀伊守」一族の処刑場跡との伝承が残る。
畑佐城跡は、中世の山城の性格を充分に備えた城郭であり、遺構の遺存状態もよく、飛騨地方、高山市の中世史を考える上で重要な史跡である。また、地元新宮史跡保存会により大手、搦手道などが維持整備され、文化財ウォークラリーのコースとしても市民に活用されている。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 文化財課
電話:0577-35-3156 ファクス:0577-35-3172
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る


このページのトップへ戻る