高山市移住コーディネーター 飛騨高山暮らし案内人

ページ番号 T1016478  更新日  令和4年4月19日

印刷 大きな文字で印刷

令和4年4月より高山市移住コーディネーター「飛騨高山暮らし案内人」を設置します

画像 高山市移住コーディネーター イメージ

飛騨高山暮らし案内人とは

高山市の地域の雰囲気は?どんな人たちがどんな暮らしをしているの?移住を考えるとき、とても気になるところです。

移住後の、「地域の習慣がわからない」「困っていることや悩みがあるけれど、誰に話せばいいのかな」という不安…。

「飛騨高山暮らし案内人」は、移住について・移住後の暮らしについて、ちょっとした疑問や悩みを、高山市民の先輩と直接気軽にお話できる機会を設ける制度です。

飛騨高山暮らし案内人の活動内容

  1. 移住・定住に関する相談への対応
  2. 移住・定住に関する相談への対応のための高山市内の現地案内

飛騨高山暮らし案内人とお話してみたい方は、まず飛騨高山移住定住サポートセンター(市役所ブランド戦略課)にご連絡ください!相談内容に応じ案内人におつなぎします。

飛騨高山暮らし案内人のご紹介

令和4年4月から活動を開始する、5人の案内人を紹介します。

飛騨高山暮らしについて聞いてみたい方、不安がある方、お気軽に相談ください!

 

五十嵐 浩子(いがらし ひろこ)

飛騨高山暮らし案内人 五十嵐浩子さん

居住地区:旧高山

移住形態:Iターン 

カフェ(開放型保護猫シェルターにゃんliving)経営、NPO法人職員

☆メッセージ☆

東日本大震災の年の5月に福島県から高山市に避難してきました。大自然に囲まれた子育てのしやすい環境と、地域の方の優しい人柄に支えられ永住を決意しました。防災・動物愛護活動・まちづくりにの分野に関心があります。

地縁なく移住された方にとって親戚のような頼れる先となりたい。高山に来てよかった、暮らし続けたいと思ってもらいたいです!

 

横関 真吾(よこぜき しんご)

ひだ高山暮らし案内人 横関真吾さん

居住地区:旧高山

移住形態:Iターン

ゲストハウスとまる、カフェ(はるばる)経営

☆メッセージ☆

登山が好きで、山の近くで旅人を迎える宿の運営がしたいと11年前に夫婦で高山にIターンしました。こども2人は高山生まれで元気に成長し、高山に来てから色々な方に出会い、楽しく生活しています。

これから移住希望の方々にも高山での生活に関して伝えたり、宿やカフェを通して育んで来た多くの方とのつながりを通して、高山の楽しさを知れる交差点的な役割が出来たらと思っています。

 

寺田 真由美(てらだ まゆみ)

ひだ高山暮らし案内人 寺田真由美さん

居住地区:丹生川

移住形態:地元出身

農業(株式会社寺田農園 代表取締役)

☆メッセージ☆

農業を、地域の暮らしの豊かさのために価値のあるものにしていきたいと思っています。作物をただ作るだけでなく、暮らしに寄り添ったものづくりをすること、女性も参加しやすい農業づくり、子育てしやすい暮らしづくりなど、いろいろな方面で地域と暮らしをにぎやかにしていきたい。

少しでもこの地に暮らしたいと思ってもらえるお手伝いができたらと思います。

 

秋田 千晶(あきた ちあき)

ひだ高山暮らし案内人 秋田千晶さん

居住地区:清見

移住形態:Iターン

カフェ経営(Cafe & Studio nocknock)

☆メッセージ☆

広島県生まれ。 兵庫県西宮市からの移住(Iターン?)

家具をきっかけに移住し、家具メーカーに勤務。営業企画、広報などに携わり、自分でもものづくりをしたり、幅広く飛騨の木工、クラフトに関わってきました。得意分野としては木工、住宅、インテリア、カフェ経営(の仕方)、自転車、音楽、アウトドアなど。

平成元年に移住した先輩として、リアルな経験を伝えることで移住の決断のお手伝いが出来れば幸いです。

 

森本 常夫(もりもと つねお)

ひだ高山暮らし案内人 森本常夫さん

居住地区:久々野

移住形態:地元出身

久々野まちづくり協議会事務局

☆メッセージ☆

観光協会、まちづくり協議会など、地域をにぎやかにすること、楽しく暮らしやすいまちを作ることに長く関わっています。

すばらしい自然や伝統工芸、地域の人々のあたたかい人柄など、高山の豊かな暮らしをつないでいけたら、人口減少に少しでも歯止めをかけられたらという思いです!

飛騨高山暮らし案内人への相談の流れ

1.移住者や移住検討者の方が、市に相談にみえます。

2.相談内容に応じ、市が飛騨高山暮らし案内人と相談者をマッチングします。

3.実際に対面し、相談や現地案内を行います。

  • 相談場所、方法は対面以外にオンラインやメールなども可能です。
     
  • 内容に応じ、地域住民や他の移住者の方につなぐなど、必要なサポートもあります。

飛騨高山暮らし案内人活動の流れ

飛騨高山暮らし案内人とお話してみたい方は、まず飛騨高山移住定住サポートセンター(市役所ブランド戦略課)にご連絡ください!コーディネーターにおつなぎします。

PDF形式のファイルをご利用するためには、「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

飛騨高山プロモーション戦略部 ブランド戦略課
電話:0577-35-3001 ファクス:0577-35-3167
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。