インターンシップ支援事業補助金

ページ番号 T1007370  更新日  令和5年4月4日

印刷 大きな文字で印刷

インターンシップ支援事業について

学生のインターンシップを受け入れた市内事業者に対して、事業者が負担した滞在費および往復に必要な交通費の一部を補助します。

対象者

  1. 市内に事業所、事務所又は営業所を有する個人及び法人
  2. 市税を完納している事業者

対象事業

令和7年3月31日までに実施されるインターンシップで次の各号を全て満たすものとする。

  1. インターンシップを目的としたものであること
  2. 事業者が実習生の滞在に要する費用の一部又は全部を負担するものであること
  3. 事業者と実習生が雇用関係にないこと
  4. 市内の事業所などで実施するものであること

対象経費など

事業者が負担する実習生の滞在に要する費用のうち、次に掲げる費用。

  1. 市内の賃貸住宅・借家などの家賃、共益費、敷金、礼金、仲介手数料及びハウスクリーニング料。ただし、事業者が自らが所有する社宅、社員寮に係る費用は除く
  2. 市内宿泊施設の宿泊料
  3. 実習生が居住する場所から実習中に宿泊する場所までの1往復に必要な交通費
  4. その他特に市長が必要と認めた費用

 

対象期間

3日以上(同一の実習生につき、年度当たり延べ60日を上限とする)

補助金の額

補助対象経費の2分の1
※補助対象経費のうち、1および2については、実習生1人当たり1日につき補助上限額を4,000円とし、3については実習生1人あたり1申請につき補助上限額を30,000円とします。
※算定した額に千円未満の端数があるときは、千円未満を切り捨てた額を補助金の額とします。
※補助対象経費は税抜となります。

申込方法

【 1.認定申請 】

インターンシップ実施前に、以下の書類を雇用・産業創出課窓口へ提出してください。

  • インターンシップ事業計画認定申請書
  • インターンシップ収支予算書
  • インターンシップの募集要項等がある場合は、併せてご提出ください。

【 2.補助金交付申請 】

事業終了後、速やかに以下の書類を雇用・産業創出課窓口へ提出してください。

  • 高山市インターンシップ支援事業補助金交付申請書(別記様式第3号)
  • インターンシップ受入実績報告書(別記様式第4号)
  • 補助対象経費を明らかにする書類(※)
  • 実習生の学籍および在学年を明らかにする書類
  • インターンシップ収支決算書
  • その他市長が必要と認める書類

※補助対象経費を明らかにする書類については、客観的に事業者が負担していることの分かるものをご提出ください。実習生に直接滞在費や交通費を支給している場合は、実習生から直筆で署名を受けた受領書をご提出ください。

このページに関するお問い合わせ

商工労働部 雇用・産業創出課
電話:0577-35-3182 ファクス:0577-35-3167
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。