高山市公共施設等木造化方針について

ページ番号 T1002674  更新日  平成29年10月6日

印刷 大きな文字で印刷

高山市では、小中学校や保育園、支所庁舎等、PR効果の高いシンボル的な公共施設等の木造化・木質化を積極的に推進しています。今後、更なる推進を目的として、 「公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律(平成22年法律第36号)」第9条第1項の規定に基づき、 「高山市公共施設等木造化方針」を策定しました。同法第9条第4項の規定により公表します。

方針策定の目的

公共施設等の木造化を推進することによって、快適でぬくもりのある生活空間を形成します。また、公共施設等における木材利用を推進することによって、森林の適正な管理や木材産業の活性化、地球温暖化防止につなげます。

方針の内容

  1. 公共施設の木造化・木質化の推進
  2. 公共施設における木製品、木質バイオマス利用の推進
  3. 公共施設以外における木材利用の促進

高山市公共施設等木造化方針

PDF形式のファイルをご利用するためには、「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

林政部 林務課
電話:0577-35-3143 ファクス:0577-35-3166
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。