認定農業者制度

ページ番号 T1002619  更新日  平成27年2月10日

印刷 大きな文字で印刷

認定農業者制度とは

高山市は、農業経営基盤強化促進法に基づき地域の実情に即して、効率的かつ安定的な農業経営の目標等を内容とする「農業経営基盤強化の促進に関する基本的な構想(以下、「基本構想」という。)」を策定しています。
農業者は、農業経営の改善を計画的に進めようとするために、基本構想に沿った「農業経営改善計画」を作成し、改善計画が確実に達成されるよう市が認定し、ソフト面やハード面の両面で支援していく制度です。

対象者

将来に渡って農業で生計をたてる計画のある方、経営規模拡大の意欲や能力のある中核的農業者を対象としています。

申請

農業経営改善計画の認定申請は、5年後の計画について「農業経営改善計画認定申請書」を作成していただき農務課へ提出してください。

認 定

農業経営改善計画の妥当性、経営指標の水準、農用地の効率的・総合的な利用を図る内容であるかについて審査し、農業経営改善支援センター連絡会及び農業委員会の意見を聴取したうえで、市が認定します。

認定農業者のメリット

金融支援や税制特例、補助事業などのメリットがあります。

このページに関するお問い合わせ

農政部 農務課
電話:0577-35-3141 ファクス:0577-35-3166
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。