エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > よくある質問 > 暮らし・環境 > ごみとリサイクル > 粗大ごみと不燃ごみの区別について


ここから本文です。

ごみとリサイクル よくある質問

ページ番号 T1003618  更新日  平成27年2月16日

印刷 大きな文字で印刷

質問粗大ごみと不燃ごみの区別について

回答

45リットルの袋に入らない大きな物、または片手で持ち上がらない重い物を「粗大ごみ」として分類します。
ただし、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機、エアコン、衣類乾燥機については、「家電リサイクル法」の対象となりますので、市では受け取れません。処分方法を下記問合先へ尋ねていただくか、許可業者に引き取りを依頼してください。
また、タイヤ及びオートバイも販売店またはメーカーにお問い合わせください。
 
燃やせないごみ、例えばゴム製品、せともの、ガラスくず、プラスチック製品(本体)、金属くずなどで45リットル以下(厚み0.05ミリメートル以上)で透明の袋に入り、片手で持てる重さの物を「不燃ごみ」として分類します。

このページに関するお問い合わせ

環境政策部 生活環境課
電話:0577-35-3138 ファクス:0577-35-3169
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る


このページのトップへ戻る