飛騨染

ページ番号 T1002831  更新日  平成27年2月10日

印刷 大きな文字で印刷

飛騨染は、江戸時代より高山祭と共に発展して来ました。もち米粉・米糠から作られるもち糊を筒(筒描き)や型(型置き)で生地に置き、豆の絞り汁で溶いた数種類の顔料で染付けた後、清水でもち糊を洗い流し、その後寒風に晒し(寒晒し)て色の定着・発色を促します。日本古来の技法を今日に受け継ぎ、現在に至っています。

飛騨染の写真

お問合先

有限会社ゆはら染工

〒506-0033 高山市越後町2500番地3
電話:0577-32-2113

このページに関するお問い合わせ

商工労働部 商工振興課
電話:0577-35-3144 ファクス:0577-35-3167
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。