エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > よくある質問 > 届出・証明 > 引越しの手続き > 平日に住所変更の手続きに行けない、どうしたらよいか


ここから本文です。

引越しの手続き よくある質問

ページ番号 T1003535  更新日  平成27年2月16日

印刷 大きな文字で印刷

質問平日に住所変更の手続きに行けない、どうしたらよいか

回答

土曜日・日曜日・祝日(12月29日から1月3日を除く)は、午前9時から正午まで窓口延長を行っています。
詳しくは、「窓口業務の時間延長」を参照ください。

代理の方に委任することにより手続きできます。

代理人とは

  • 転入届:新住所(高山市)で同居しない方
  • 転出届:旧住所(高山市)で同居していない方
  • 転居届:新旧の住所どちらでも同居していない方
  • 世帯変更届:同居していない方

(注釈)同居とは、「住民票における住所」が同一であることを言います。
上記に該当しない場合は、異動当事者(本人)と同様に委任状等なしで手続き可能です。

代理人に委任する方法

「委任状」と住民異動する本人の本人確認書類(公的機関発行の顔写真付き証明書)の写しを代理人にお渡しください。「委任状」の用紙は本庁市民課又は各支所地域振興課の窓口で入手できます。

下記の事項について記載いただければ、任意の書式でも結構です。

  1. 「委任状」という文字
  2. 代理人の住所・氏名
  3. 「私は上記の者を代理人と定め、住民異動に関する一切の権限を委任します。」という文字
  4. 依頼した日付
  5. 本人の氏名・住所
  6. 本人の押印(シャチハタ印等のゴム印やスタンプ印は避けてください。)

注意事項

  • 転出届に限っては、窓口に来られない場合は郵送でも手続き可能です。詳しくは「郵送による転出届の方法について知りたい」をご参照ください。
  • 各届出に関しての詳細は、「高山市外から転入したとき、住所変更の手続きはどうしたらよいですか」「同じ高山市内で転居するとき、住所変更の手続きはどうしたらいいですか」「高山市外へ転出するとき、住所変更の手続きはどうしたらよいですか」「世帯変更届の手続きをしたいのですが」をご参照ください。

このページに関するお問い合わせ

市民保健部 市民課
電話:0577-35-3137 ファクス:0577-35-3164
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る


このページのトップへ戻る