展示案内

ページ番号 T1016574  更新日  令和4年3月16日

印刷 大きな文字で印刷

 展示室は江戸時代の豪商、矢嶋家と永田家の土蔵を活用しています。
 矢嶋家は、材木や塩の商いをしながら「町年寄」として江戸時代を通じて商人町を治めていました。
 永田家は屋号を「大坂屋」といい、明治初年には高山一の田地をもち、酒造りなどをしていました。酒蔵は高山で最も大きな蔵の一つです。

写真:矢嶋邸絵図
矢嶋邸絵図(江戸時代末頃)
写真:永田家酒蔵
永田家の酒蔵

まち博 館内案内

展示の詳細は下記をご覧ください。

下記言語に対応したガイド資料です。お気軽にご利用ください。

パンフレット

館内案内

PDF形式のファイルをご利用するためには、「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

飛騨高山まちの博物館
電話:0577-32-1205 ファクス:0577-35-1970
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。