出産・子育て応援事業

Xでポスト
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号 T1017845  更新日  令和5年11月21日

印刷 大きな文字で印刷

出産・子育て応援交付金

 国の施策に基づき、すべての妊婦や子育て家庭がより安心して出産・子育てができるよう、妊娠期から子育て期まで一貫して身近な相談に応じ、必要な支援につなぐ「伴走型相談支援」を行うとともに、妊娠・出産時の関連用品の購入や子育て支援サービス等の利用負担軽減を図る「経済的支援」を、一体として実施します。

事業の開始日

令和5年2月1日

事業の内容

伴走型相談支援

妊娠期から子育て家庭に寄り添い、身近な相談に応じ、関係機関と連携をしながら妊娠期から出産・子育て期まで切れ目ない支援を行います。

妊娠届出(母子手帳交付)時

母子健康手帳交付時に保健師の面談を行います。安心して出産を迎えられるように、出産までの見通しを一緒に立てます。

妊娠8カ月頃

妊娠中のからだの状態やお気持ちをお聞きし、希望や必要に応じて保健師、助産師の面談を行います。
また産前産後の過ごし方やサービスの情報をお伝えします。

出産後

こんにちは赤ちゃん訪問で、保健師や助産師等が面談を行います。お子さんの成長を一緒に確認したり、子育ての悩みや困り事等をお聞きします。

 

※上記のほか、保健師、保育士等が出産や子育てに関する様々な相談に応じています。お気軽にお問い合わせください。

経済的支援

出産・子育てにかかる経済的な負担を軽減するため、出産応援給付金と子育て応援給付金を支給します。

※原則、申請時に高山市に住民票のある方が対象となります。ただし、他の自治体で「出産・子育て応援給付金」を受けていない方が対象です。
※所得制限はありません。

※令和6年度より、現金給付から子育て関連の商品やサービスをカタログから選択する「ぎふっこギフト」(5万円相当分)へ変更となります。

出産応援給付金

妊娠の届出をし面談等を行った後、妊婦1人あたり5万円を支給します。

子育て応援給付金

こんにちは赤ちゃん訪問事業等の後に、子ども1人あたり5万円を支給します。

申請方法

それぞれ面談後に申請方法についてご案内いたします。

 

関連するその他の記事

PDF形式のファイルをご利用するためには、「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

市民保健部 健康推進課
電話:0577-35-3160 ファクス:0577-35-3173
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。