日本脳炎

ページ番号 T1000502  更新日  令和3年1月22日

印刷 大きな文字で印刷

ご案内方法

母子健康手帳交付時に第1期の予診票を発行します。

第2期は対象年齢に達したお子さんに予診票を郵送します。

(※通常、9歳の誕生日を過ぎてから予診票を郵送していますが、ワクチンの供給不足が見込まれているため、令和2年12月1日から令和4年4月1日の間に9歳となるお子さんには令和4年度に予診票を郵送する予定です。郵送前に接種を希望される方には、健康推進課及び各支所地域振興課窓口で予診票を交付します。)

対象者

第1期 3歳以上7歳6カ月未満

第2期 9歳以上13歳未満

接種回数

・第1期初回:2回

 6日以上、標準的には6日から28日までの間隔をおいて2回受けてください。

・第1期追加:1回

 初回接種終了後6月以上、標準的にはおおむね1年を経過した時期に1回受けてください。

・第2期:1回

積極的な勧奨差し控えなどの事情により接種機会を逃した方へ

以下の方は定期接種として予防接種が受けられます。

平成19年4月1日までに生まれたお子さん

20歳の誕生日前日までに4回接種のうち不足分を接種できます。

※特例対象者用(H7.4.2~H19.4.1生まれ)と記載のある予診票を使用してください。お持ちでない方は健康推進課及び各支所地域振興課窓口で交付します。

平成19年4月2日から平成21年10月1日までに生まれたお子さん

13歳の誕生日前日までに初回3回接種のうち不足分を接種できます。

※特例対象者用(H19.4.2~H21.10.1生まれ)と記載のある予診票を使用してください。お持ちでない方は健康推進課及び各支所地域振興課窓口で交付します。

このページに関するお問い合わせ

市民保健部 健康推進課
電話:0577-35-3160 ファクス:0577-35-3173
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。