高山市まち・ひと・しごと創生総合戦略

ページ番号 T1012573  更新日  令和2年6月29日

印刷 大きな文字で印刷

まち・ひと・しごと創生総合戦略とは

我が国における急速な少子高齢化の進展に的確に対応し、人口の減少に歯止めをかけるとともに、東京圏への人口の過度の集中を是正し、それぞれの地域で住みよい環境を確保して、将来にわたって活力ある日本社会を維持していくことを目指し、平成26年にまち・ひと・しごと創生法が制定されました。

総合戦略は、まち・ひと・しごと創生に関する目標や施策に関する基本的方向性を示し、それらの施策を戦略的に推進するための計画です。

まち・ひと・しごと創生

まち・ひと・しごと創生とは、以下を一体的に推進することを言います。

  • まち・・・国民一人一人が夢や希望を持ち、潤いのある豊かな生活を安心して営める地域会社の形成
  • ひと・・・地域社会を担う個性豊かで多様な人材の確保
  • しごと・・・地域における魅力ある多様な就業の機会の創出

計画書

この計画は、将来における本市のあるべき姿と進むべき方向性について基本的な指針を示す総合計画(高山市総合計画条例第2条)であるとともに、まち・ひと・しごと創生法第10条に規定する総合戦略として位置付けています。

総合計画への統合

総合戦略の目指す人口減少と地域経済縮小の克服やまち・ひと・しごと創生と好循環の確立は、第八次総合計画においても重要な要素であり、国の示す総合戦略の基本目標と第八次総合計画のまちづくりの方向性の考え方も共通していました。

そのため、市の目指す方向性をより明確に示した分かりやすい計画とするとともに、効率的かつ効果的な計画の推進を図るため、第八次総合計画の見直し(平成31年度)にあわせ、総合計画に総合戦略を統合しました。

このページに関するお問い合わせ

企画部 企画課
電話:0577-35-3131 ファクス:0577-35-3174
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。