エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > くらしの情報 > 国保・後期高齢・年金 > 国民健康保険 > 国民健康保険の給付制度について > 高額医療・高額介護合算療養費


ここから本文です。

高額医療・高額介護合算療養費

ページ番号 T1000603  更新日  平成29年3月10日

印刷 大きな文字で印刷

1年間の自己負担額(医療+介護)が一定の限度額を超えたときに支給されます。自己負担限度額は同一世帯の世帯員の所得によって異なります。

高額医療・高額介護合算療養費の申請

 高山市では、高額医療・高額介護合算療養費対象者の方に、2月ころに封書でご案内しますので、その案内に従って申請してください。
 ただし、次に該当する方には申請の対象となる旨のお知らせができない場合がありますので、該当すると思われる方は市民課までご相談ください。

  • 平成27年8月から平成28年7月末までの間に、市町村を越えて転居された方
  • 平成27年8月から平成28年7月末までの間に、他の医療保険から高山市の国民健康保険に移られた方。

1年間の自己負担限度額

1年間の自己負担限度額は、平成27年8月1日から平成28年7月31日までの合計金額で判定します。

70歳未満の方

所得者(1)(基礎控除後の総所得金額が901万円を超える世帯)

国保 + 介護保険:212万円

上位所得者(2)(基礎控除後の総所得金額が600万円超~900万円の世帯)

国保 + 介護保険:141万円

一般(1)(基礎控除後の総所得金額が210万円超~600万円の世帯)

国保 + 介護保険:67万

一般(2)(基礎控除後の総所得金額が210万円以下の世帯)

国保 + 介護保険:60万

住民税非課税世帯

国保 + 介護保険:34万

70歳~74歳の方

現役並み所得者

国保 + 介護保険:67万円

一般

国保 + 介護保険:56万円

低所得者2

国保 + 介護保険:31万円

低所得者1

国保 + 介護保険:19万円

70歳~74歳の方の所得判定区分

現役並み所得者

同一世帯に住民税課税所得145万円以上の所得がある70歳~74歳の被保険者がいる方

一般

現役並み所得者、低所得者2.、低所得者1.以外の方

低所得者2

同一世帯の世帯主及び国保の被保険者全員が住民税非課税の方

低所得者1

低所得者2と同様で、かつ世帯の所得が一定基準に満たない方

このページに関するお問い合わせ

市民保健部 市民課
電話:0577-35-3137 ファクス:0577-35-3164
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る


このページのトップへ戻る