エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > くらしの情報 > 国保・後期高齢・年金 > 国民健康保険 > 国民健康保険の給付制度について > 入院時食事療養費について


ここから本文です。

入院時食事療養費について

ページ番号 T1000600  更新日  平成28年7月21日

印刷 大きな文字で印刷

入院されると治療費の他に食事療養費(給食費)がかかります。食事代は自己負担額のみ医療機関の窓口で徴収され、残りは入院時食事療養費として国民健康保険が負担します。
世帯の所得に応じて自己負担額は異なります。

自己負担額(1食あたり)

対象者・入院期間・一部負担額
対象者 入院期間 一部負担額
一般加入者 全期間 360円(※)
市民税非課税世帯(注) 90日までの入院 210円
市民税非課税世帯(注) 90日を超える入院(過去1年間の入院日数) 160円

70歳以上で、かつ市民税非課税世帯で所得が基準以下の方

全期間

100円

 ※平成30年4月1日より、460円に改正予定

注:市民税非課税世帯の方は減額認定証を病院窓口に提示していただくと上記のとおり負担が軽減されます。該当の方は国保の保険証と印鑑を持参のうえ、国保の窓口で減額認定証を申請し、交付を受けてください。(70歳未満の方は限度額適用認定証と同時に申請ができます。)

このページに関するお問い合わせ

市民保健部 市民課
電話:0577-35-3137 ファクス:0577-35-3164
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る


このページのトップへ戻る