エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > くらしの情報 > 国保・後期高齢・年金 > 国民健康保険 > 国民健康保険の給付制度について > 給付できない・制限される場合について


ここから本文です。

給付できない・制限される場合について

ページ番号 T1000606  更新日  平成30年6月7日

印刷 大きな文字で印刷

下記のような場合には、国民健康保険の給付が受けられなかったり、給付が制限されたりすることがあります。

給付が受けられないもの

  • 健康診断・ドック、予防接種
  • 正常な妊娠・出産
  • 歯列矯正
  • 美容整形
  • 仕事上の病気や事故で労災保険の対象となるもの

給付が制限されるもの

  • ケンカ・泥酔などによる病気やケガ
  • 犯罪や、故意による病気やケガ(自殺未遂などを含む)

このページに関するお問い合わせ

市民保健部 市民課
電話:0577-35-3003 ファクス:0577-35-3164
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る


このページのトップへ戻る