学校長あいさつ

ページ番号 T1009746  更新日  令和3年5月14日

印刷 大きな文字で印刷

学校長

平田誠

学校長あいさつ

「つなぐ姿」を目指す北小

  明るく素直な心の710人の子どもたち。そして、57人の職員。

 本年度も昨年度と同様、新型コロナウイルス感染予防のため、着任式、始業式はテレビカメラによる放送。入学式等は規模を縮小しての実施でしたが、学校を第一に考え、いつも寄り添ってくださる保護者・地域の皆さまに支えられて、令和3年度の北小学校がスタートいたしました。

  北小学校が今年度目指していきたい姿は、次の姿です。

1.「めあてをやりぬき、明日へつなぐ」姿。

2.「目を見て話を聞き、目を見てあいさつし、友だちとの心をつなぐ」姿。

3.「友だちの考えに自分の考えをつなぎ、深める」姿。

4.「地域に愛着と誇りを持ち、よりよい高山にしようと尽くす」姿。

 この4つの姿を「心ゆたかに たくましく生きる子」の姿ととらえ、取り組んでいきます。特に、「めあてをもち、やり方を工夫し、最後までやり抜く姿」は、これから予測困難な時代を生き抜くための大事な力だと捉えています。また、「仲間や先生の目を見て、最後まで黙って話を聞くこと」は、「その人を大事にするよ(応援するよ)」という、人として一番大切な思いやる心を育てることにつながると考えています。そして、毎日続けて目を見てつないでいくことが、友だちとの心をつなぎ、「友だちに悲しい思いをさせない」という絆となっていきます。今年度も、この「つなぐ」を合い言葉に、つなぐ姿を毎日目指していきます。

 これらの姿に向かうためには、学校と保護者・地域の皆さまとが願う姿を共有し、共に子どもに寄り添っていくことが何よりも大切であると考えています。どうぞよろしくお願いいたします。

 

高山市立北小学校の4つの宝

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 学校教育課
電話:0577-35-3154