学校長あいさつ

ページ番号 T1009798  更新日  令和4年5月24日

印刷 大きな文字で印刷

学校長

竹林一彦

学校長あいさつ

「すべての児童、教職員が、安心して通える・明日も来たくなる学校」を目指して

学校・家庭の基盤は安全・安心であり、その保障なくして子どもは成長できません。自分を表出しても大丈夫な環境の中で、力を伸ばしていきます。今年度、職員で指導の方針として確認をしたことは、

〇子ども・学校・家庭のせいにしない(成長する職員と保護者で在り続ける)

〇子どもに軸足を置く(願うのは子どもの成長と幸せ、個々の自立を支援する)

〇環境の統一感が子どもを変える(全校・家庭・地域の一体感を大切にする)

 です。保護者の皆さま、地域の皆さまと共に、教職員が力を合わせ、愛情を注ぎながら、子どもたちの幸せ・成長のため、教育活動を推進していきたいと考えています。

 学校の教育目標は、「心身ともにたくましく 進んで実践する子 ~やさしい子 かんがえる子 やりぬく子~」です。具体の姿を

  やさしい子 :自分を律し、仲間と助け合いながら、よりよい自分づくりをする子

  かんがえる子:自分の考えをもち、豊かに表現し、伝え合うことのできる子

  やりぬく子 :なりたい自分(夢や目標)を描き、その実現をめざして、ねばり強く努力する子

 とし、日々子どもたちと向き合っています。

育てたい資質・能力「ともに たくましく 創り出す」を育んでいけるよう、勤労生産体験を核にして、学習(まなび)づくりと生活(なかま)づくりの教育活動を通して、たくましさの追求と成功体験の創出を目指して取り組んでいます。コロナ禍は続きますが、安全・安心を最優先としながらも、子どもたちにとって、わくわくする魅力ある教育活動ができないか、知恵を働かせ工夫して進めてまいりますので、ご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

 

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 学校教育課
電話:0577-35-3154