学校長あいさつ

Xでポスト
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号 T1009758  更新日  令和5年5月18日

印刷 大きな文字で印刷

学校長

松井健治

学校長あいさつ

 本校の教育目標は、「笑顔いっぱい江名子の子 まなびあい たすけあい みがきあい」です。
 また、本年度にめざす学校像は、「児童も教職員も登校するのが楽しみな学校」です。
 教育目標やめざす学校像を実現させるためには、わかった・できたが実感できる授業、安心感がある温かい人間関係、安全で清々しい環境の実現が必要です。この学校の実現のために教職員が一丸となって取り組んでまいります。
 江名子小学校は、昨年度末に2年間の「長寿命化改修工事」を完了して「木の温もりがあり最新設備を兼ね備えた校舎」に生まれ変わりました。新しい校舎には、フルオープンドアの開放的な教室、温かいペレットストーブ、児童玄関に設置したガラス張りの放送室、木目を生かした廊下や階段の床、一位一刀彫のサインなど、多くの工夫が凝らされています。
 今年度は、コロナ終息の兆しも見られ、ここ数年の教育活動の制限が緩和できると考えています。音楽での合唱練習、グループでの話し合い活動、業間運動(マラソン)、裏山の畑での栽培活動、給食の団らん、地域の皆さまとの交流、参観人数の制限がない運動会などが再開できることを楽しみにしています。
 現代社会は、「予測不可能な時代」と言われ、思ってもいなかった出来事が次々に起こります。未来を生きる児童には、どんな世の中になっても「たくましく生き抜く力」を身につけてほしいと願い、その基盤として本校では「表現する力・思いやる力・挑戦する力」を育成する資質・能力として教育実践を進めています。
 最後に、地域の皆さまのご理解とご協力を賜りますことをお願い申し上げ、あいさつとさせていただきます。

 

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 学校教育課
電話:0577-35-3154