学校長あいさつ

ページ番号 T1009741  更新日  令和3年5月14日

印刷 大きな文字で印刷

学校長

藤木和子

学校長あいさつ

 南小の教育目標は「あたたかい心の花をさかせ、自分づくりをすすめる子」です。
令和3年4月6日、満開の桜が咲く中、新1年生46人を迎え、全校352人と43人の職員で新年度がスタートしました。
日常の基盤となっている「3つの自慢2つの習慣」を磨くために、令和2年度の卒業生が、児童委員会で取り組んだ宝物を「6つの花」に託しました。
 学級委員会からは「笑顔の花」
 聞く話す学習委員会からは「みんなが楽しい授業の花」
 そうじ給食委員会からは「足音だけそうじの花」
 歌声放送委員会からは「ひびき合う歌声の花」
 あいさつ生活委員会からは「明るいあいさつの花」
 くつそろえ健康委員会からは「そろえる心の花」
 新6年生はこの引き継いだ宝物の花から、5年生と共に、今年度の委員会活動スローガンを決めて日常をよりよくしようと取り組み始めました。
なかでも歌声放送委員会は、新しいスローガンを決めるのに悩みました。新スローガンは「ひびかせよう心のハーモニー、聞いて学んで高めよう」となりました。3つの自慢のひとつである「歌声」が新型コロナウイルス感染症対策のために、取り組みができない状況です。それでも音楽のよさを全校に伝えるための工夫をしていこうとする姿勢が、今年度、南小の子どもたちに付けたい力(育てたい資質・能力)そのものです。
令和2年度から教科書が変わり「授業の在り方」も変化しています。これまで知識は「獲得する」ものでした。今までは、子どもが「○○だと思います。」と言うと、先生が「正解です。」と価値付けていました。これからは、先生が解答を示すのではなく、子どもたちが自ら課題に向かい、答えを見つけ出していきます。課題に向かって挑戦し、考えを創りだしていく過程や姿勢を大切にします。今年度「育てたい資質・能力」は、
目標に向かって挑戦し続け、仲間とともにたくましく課題解決する力
です。この力を育み、「なりたい自分」の目標を達成するために、1年間を4つのステージに分けて取り組んでいきます。ステージの合言葉は、
ステージ1:ルールを守って楽しい学校  ステージ2:小さな挑戦、大きな成長
ステージ3:よさやがんばりの伝え合い  ステージ4:やりきったと言える自分
です。

 保護者の皆さまや学校運営協議会の方々と手を取り合って、教育活動を進めていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

児童委員会で取り組んだ宝物を「6つの花」の画像

ぎんの鈴のモニュメントの写真

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 学校教育課
電話:0577-35-3154