エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > くらしの情報 > 生涯学習・文化・スポーツ > 文化財・歴史 > 荒川家住宅


ここから本文です。

荒川家住宅

ページ番号 T1001041  更新日  平成27年2月10日

印刷 大きな文字で印刷

荒川家住宅(付属施設)歴史民俗資料館・旧緒方家

荒川家は天正年間(1573年から1592年)から続くという旧家。主屋と土蔵は江戸中期に建てられたもの。飛騨の匠が腕をふるった建物は見応え充分で、国の重要文化財に指定されています。内部には、民具や伊達政宗が金森長近に宛てた書状などが並びます。隣に立つ歴史民俗資料館では、細江光洋氏による乗鞍岳の写真や、丹生川地域の民具と石仏写真、昭和を偲ばせる道具などを展示しています。

荒川家住宅の写真

所在地:岐阜県高山市丹生川町大谷141

休館日:水曜日、12月1日から翌年3月31日まで

開館時間:午前8時30分から午後4時30分まで(6月から9月以外は午前9時から午後4時まで)

入館料:無料

電話:0577-78-1558

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 文化財課
電話:0577-35-3156 ファクス:0577-35-3172
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る


このページのトップへ戻る