エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > くらしの情報 > 国保・後期高齢・年金 > 国民健康保険 > 70歳以上の方の自己負担限度額


ここから本文です。

70歳以上の方の自己負担限度額

ページ番号 T1000609  更新日  平成30年6月12日

印刷 大きな文字で印刷

医療機関の窓口で1カ月の自己負担額について、限度額以上支払った場合は、「高額療養費」として後で申請することで払い戻しを受けることができます。対象となる世帯には診療月の2~3カ月後にご案内をします。

70歳以上の方の所得判定区分

 
  適用区分  

自己負担上限額(世帯ごと)

(入院と外来が混在する場合は合算)

多数回該当

※1

外来(個人ごと)
課税所得   57,600円 80,100円+(医療費-267,000円)×1% 44,400円
一般 145万円以下 14,000円 ※2 57,600円 44,400円

世帯主及び

被保険者全員が非課税の方

8,000円 24,600円  

世帯の所得が

一定基準に満たない方

8,000円

15,000円  

※1 過去12カ月以内に3回以上、上限額に達した場合は、4回目から上限額が下がります。

※2 年間で144,000円が限度額(外来年間合算)

外来年間合算

70歳以上の高額療養費の上限額を見直すことに伴い、長期療養を受けている方の負担増えないよう、平成30年度から創設されました。

対象となる方には封書でご案内をしますので、その案内に従って申請してください。

このページに関するお問い合わせ

市民保健部 市民課
電話:0577-35-3003 ファクス:0577-35-3164
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る


このページのトップへ戻る