エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 市政情報 > 産業 > 観光業 > 教育旅行の支援制度について


ここから本文です。

教育旅行の支援制度について

ページ番号 T1012958  更新日  令和2年9月2日

印刷 大きな文字で印刷

教育旅行の支援制度について

高山市への教育旅行の実施に対する支援を行います。

対象となる教育旅行

高山市外の小学校、中学校、高等学校、特別支援学校、義務教育学校、中等教育学校、高等専門学校、高等専修学校が実施する、修学旅行や遠足など学校の行事として実施する校外学習

※学校は「学校教育法(昭和22年法律第26号)」に規定するものとします。

助成の内容

(1)宿泊の場合

  参加者数×2,000円 (1学校1回につき最大600千円)

(2)日帰りの場合

  参加者数×1,000円 (1学校1回につき最大300千円)

 

 【条件】

  ・宿泊の場合、宿泊期間全体の宿泊料金が2,000円以上の市内の宿泊施設を利用するものを対象とします。

  ・宿泊と日帰りの場合のどちらも、次のアからウのいずれかひとつを行程に組み込んでください。

   ア. 市内の飲食店を利用 … 弁当の購入も可

   イ. 市内の観光施設又は文化施設を見学

   ウ. 市内での体験学習を実施(農業体験、ものづくり体験など)

  ※「参加者数」は、学生数と引率される先生の数の合計とします。

  ※Go To トラベル事業との併用はできますが、割り引いた後の宿泊料金が2,000円を下回る場合は対象となりません。

申請手続き

補助金の申請方法は次のとおりです。

手続きの窓口は(一社)飛騨・高山観光コンベンション協会となります。

(1)申請

  事前に「交付申請書」に次のものを添えてコンベンション協会に提出してください。

   ・教育旅行支援依頼書

   ・事業計画書・旅行行程表

   ・歳入歳出予算書

   ・参加者名簿

   ・上記のほか、市長が必要と認める書類

(2)実績報告

  事業終了後、30日以内又は3月末のいずれか早い日までに「実績報告書」に次のものを添えてコンベンション協会に提出してください。

   ・事業実績報告書・旅行行程表

   ・歳入歳出決算書

   ・参加者名簿

   ・上記のほか、市長が必要と認める書類

    記録写真(人数の確認のため、全体の集合写真など市内で参加者全員が写ったもの)

    宿泊施設、飲食店、観光施設、体験施設の利用証明書(領収書など)

    請求書

(3)補助金の交付

対象期間

令和3年3月31日水曜日実施分まで

お問合先

一般社団法人 飛騨・高山観光コンベンション協会

 電 話 0577-36-1011

 ファクス 0577-36-0091

 〒506-0011 岐阜県高山市本町1-2

このページに関するお問い合わせ

商工観光部 観光課
電話:0577-35-3145 ファクス:0577-35-3167
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る


このページのトップへ戻る