2月4日月曜日 「CLMと個別の指導計画」実践報告会がありました

Xでポスト
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号 T1019456  更新日  令和6年2月8日

印刷 大きな文字で印刷

2月4日日曜日 「CLMと個別の指導計画」実践報告会がありました

2月4日、「CLMと個別の指導計画」の実践報告会を開催しました。

前半は、NPO法人ライフ・ステージ・サポートみえ副理事長の中村みゆき氏を講師にお迎えし、「CLM方式による接続期に育みたい子どもの姿」についてご講演いただきました。

後半の、実践報告会では、岡本保育園による「身の回りのことができるようになったA君の支援」、新宮小学校による「語彙数が増え、学習に前向きに取り組めるようになったAさんの支援」について報告がありました。

市長や教育長はじめ市内のこども子育て、教育関係の支援者(保育士、小学校教諭、療育事業所職員等)107人が参加し、「CLMと個別の指導計画」の実践により、支援者のスキルアップや、対象児だけではなくクラス全体の支援に繋がることをあらためて確認しました。

引き続き、このような取り組みを通じて関係者の連携強化や全体のレベルアップを図り、切れ目のない支援をすすめます。

※CLMとは、気になる子の早期支援のための発達チェックリストとして、三重県が開発した「チェック(C)リスト(L)㏌三重(M)」の略です。

このページに関するお問い合わせ

福祉部 子育て支援課
電話:0577-35-3140 ファクス:0577-35-3165
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。