6月7日月曜日 一色牧場の放牧が始まりました

ページ番号 T1015563  更新日  令和3年6月11日

印刷 大きな文字で印刷

6月7日月曜日 一色牧場の放牧が始まりました


6月7日、荘川町の一色牧場において繁殖雌牛の放牧が始まりました。これは夏山冬里方式といい、毎年この時期になると、出産を控えた母牛の健康を増進し、農家の負担を減らすため、涼しい高原の牧場で飼育します。市内には全部で5つの市営牧場があり、10月までに合わせて500頭ほど放牧される予定です。

この日は近隣の農家から15頭の牛がトラックで運ばれてきました。獣医師さんに虫よけの薬をかけてもらった後、牧場に放たれると、牛たちは元気に走り出したり、のんびりと牧草を食べたりして過ごしていました。新鮮な牧草を食べ足腰を鍛えながら、秋には元気な子牛を産んでくれるといいですね。

このページに関するお問い合わせ

農政部 畜産課
電話:0577-35-3142 ファクス:0577-35-3166
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。