12月4日金曜日 ONSEN・ガストロノミーステイ&ホッピングin飛騨高山がありました

ページ番号 T1014608  更新日  令和2年12月9日

印刷 大きな文字で印刷

12月4日金曜日 ONSEN・ガストロノミーステイ&ホッピングin飛騨高山がありました

飛騨高山まちの体験交流館広場で「ONSEN・ガストロノミーステイ&ホッピングin飛騨高山」のオープニングセレモニーが行われました。
ONSEN・ガストロノミーツーリズムとは、温泉地を拠点にその土地の食材・習慣・伝統・歴史などによって育まれた食文化に触れる「美食と温泉を楽しむ旅」のことです。
今回の事業は、(一社)飛騨・高山観光コンベンション協会等が主体となり、観光庁の「誘客多角化等のための魅力的な滞在コンテンツ造成」実証事業の採択を受けて実施されるもので、コロナ禍における新たな滞在型旅行モデルの構築を目的としています。
また、オープニングセレモニーに先立って、サスティナブルツーリズム研修会が市内ホテルで開催され、市民や観光事業者約80人が参加し、コロナ禍における地域資源を活用したツーリズムのあり方について学びました。

このページに関するお問い合わせ

商工観光部 観光課
電話:0577-35-3145 ファクス:0577-35-3167
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。