10月13日火曜日 日医工株式会社様と高山市が、健康寿命の延伸と医療費の適正化等に関する包括的連携協定を締結しました

ページ番号 T1013114  更新日  令和2年10月16日

印刷 大きな文字で印刷

健康寿命の延伸と医療費の適正化等に関する包括的連携協定の締結式がありました

10月13日火曜日、日医工株式会社様と高山市が、健康寿命の延伸と医療費の適正化等に関する包括的連携協定を締結しました。

市では、健康寿命延伸のために、健診をはじめとする各種健康推進事業につきまして、市民の皆さまと一体となって進めております。
来年2月に武田テバファーマのジェネリック事業の譲渡を受け、同社高山工場の取得を行う予定である日医工様は、ジェネリック医薬品メーカーの最大手であり、ジェネリック医薬品の普及による医療費の適正化はもとより、健康づくりに関する知見やノウハウを有しておられることから、連携して取り組みを進めることにより、市が進める各種施策の効果を高め、ひいては健康寿命の延伸につなげることができると期待しています。

今後は、出前講座等での勉強会や健康イベントへの参加など一緒に企画していきたいと考えています。

このページに関するお問い合わせ

市民保健部 健康推進課
電話:0577-35-3160 ファクス:0577-35-3173
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。