8月15日土曜日 高山市平和のシンボル「平和への絆」の鉦の打ち鳴らしがありました

ページ番号 T1012959  更新日  令和2年8月18日

印刷 大きな文字で印刷

高山市平和のシンボル「平和への絆」の鉦の打ち鳴らしがありました

先の悲惨な大戦が終結してから75年の節目となる8月15日土曜日正午に、戦争でお亡くなりになられた方々への哀悼の意と恒久平和への願いを込め、市役所西側 正面玄関前広場にて、黙とうとともに高山市平和のシンボル「平和への絆」の鉦を打ち鳴らしました。

暑い中、多くの市民にお集まりいただいた他、参加できない方からも平和へのメッセージが寄せられるなど、平和の大切さについて共に確認しあうことができました。

75年の月日が流れ、時代は昭和から平成、令和へと移り、戦争を知らない世代が社会の大半を占めるようになりました。戦争の悲惨さを風化させず、次の世代に語り継いでいくことは、戦争の惨禍を繰り返さないために、極めて重要なことです。

市では、今後も平和首長会議や日本非核宣言自治体協議会とも連帯し、核兵器廃絶と世界恒久平和の実現に向けた取り組みを進めてまいります。

このページに関するお問い合わせ

市民活動部 生涯学習課
電話:0577-35-3155 ファクス:0577-35-3414
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。