子育て世帯への臨時特別給付事業

ページ番号 T1016315  更新日  令和4年1月15日

印刷 大きな文字で印刷

子育て世帯への臨時特別給付金について

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、その影響に苦しんでいる子育て世帯を支援する観点から、高校生までの子どもがいる世帯に対し、臨時特別の給付を行います。

10万円一括支給へ変更(令和3年12月17日)

子育て世帯への臨時特別給付金については、国の方針に従い、対象児童への給付金10万円を2回(現金5万円+現金またはクーポン5万円)に分け給付する予定でしたが、このたびの国の通知で10万円の現金一括給付も可能になったことなどを踏まえて、高山市では10万円を一括で現金給付することとしました。

令和3年12月10日付けで、令和3年9月分の児童手当受給者の方などの年内支給対象者の方へ「児童一人あたり一律5万円支給」との案内をさせていただきましたが、金額が変更となります。

支給日については変更はありません(令和3年12月24日金曜日予定)。

 <給付金額>

   変更前  対象児童1人につき5万円

   変更後  対象児童1人につき10万円

対象者の方には、あらためて変更のお知らせを送付します。

支給対象及び支給額について

支給対象者

以下の1から3に該当する児童を養育する保護者のうち、所得額の高い方の保護者に支給します。

1.令和3年9月分の児童手当(※本則給付)支給対象となる児童

2.令和3年9月30日時点で高校生など(平成15年4月2日~平成18年4月1日生まれ)の児童
 (保護者の所得が児童手当(※本則給付)の支給対象となる金額と同等未満の場合)

3.令和4年3月31日までに生まれた児童手当(※本則給付)の支給対象となる児童(新生児)

※本則給付とは、児童手当法の所得基準額未満の方の給付のことをいいます(特例給付以外)。

上記の給付金の趣旨は、離婚の場合等であっても変わるものではありませんので、上記の基準前後で養育者が異なる場合には、子どもたちにとって望ましい使途についてよく話し合っていただくなど、子どもたちの未来を拓く観点から子どもたちのためにご活用いただけるよう受給者の皆さまにはご協力をお願いします。

所得制限限度額

扶養親族等の数

所得制限限度額

(万円)

収入額の目安

(万円)

0人

622.0

833.3

1人

660.0

875.6

2人

698.0

917.8

3人

736.0

960.0

4人

774.0

1,002.1

5人

812.0

1,042.1

※「収入額の目安」は、給与収入のみで計算していますので、ご注意ください。

支給額

対象児童一人につき一律10万円

申請及び支給方法について

支給に係る申請

対象の方には、12月から順次支給を開始します。

児童手当(本則給付)対象の方など申請不要の方については、事前に通知します。

申請が必要な方については、下記対象の方となります。12月17日より市役所子育て支援課、支所地域振興課での窓口申請受付、または郵便による申請受付を開始します(メールによる申請は受け付けていません)。

  1. 令和3年9月30日時点で高校生等のみを養育する保護者
  2. 令和3年10月から令和4年3月までに生まれた児童手当(本則給付)の支給対象となる児童(新生児)の保護者
    ※新生児のうち12月16日までに児童手当の申請手続きを完了された方は申請不要で支給します(事前に通知を送付します)。
  3. 対象児童を養育する公務員 など

申請対象となるご家庭の皆さまには、令和4年1月に申請手続きのご案内を郵送します(手続きに必要な申請書、返信用封筒などをお届けします)。お早めの手続きを希望される場合は、案内が届く前であっても申請を受け付けます。

※申請不要で支給される方で給付金の支給を希望しない場合は、受給拒否届出書を提出してください。

※郵便で申請される方は、申請様式をダウンロードし、必要事項を記入、必要書類を添付のうえ、下記へ送付してください。
 〒506-8555 高山市役所子育て支援課「子育て世帯臨時特別給付金」係

申請期限は令和4年3月31日までとなります。期限までに手続きを済まされないと給付金を受けられなくなりますのでご注意ください。

支給方法

  1. 児童手当(本則給付)を受給している受給者
    児童手当の登録口座または別途届出済の口座に振り込みます。
     
  2. 支給申請を行った保護者
    子育て世帯への臨時特別給付金申請書で指定した口座に振り込みます。

※上記につきましては、指定口座への振込が口座解約・変更などによりできない場合は、子育て世帯への臨時特別給付金が支給されませんのでご注意ください。

申請様式

申請時に必要な添付書類について

養育者の方の状況によって、1から3すべての書類を添付していただく必要がありますのでご確認ください。

  1. 共通の書類
    ・本人確認書類(運転免許証など)
    ・振込口座が分かるもの(受給される方(養育者)の通帳またはキャッシュカード)
     
  2. 1月2日以降、高山市に転入された方(下記のいずれかの書類)
    ・令和3年度(令和2年分)所得課税証明書
    ・児童手当(本則給付)を受給していることが分かる書類
     
  3. 養育者が高山市在住(9月30日時点)でお子さんが市外在住の方
    ・戸籍謄本

こんな時はどうなるの?

Q. 令和3年9月以降に引っ越した場合には、給付金の振込はどうなりますか?

A. 児童手当(本則給付)受給者の方には、令和3年9月分(10月支給)の児童手当を支給した住所地の市町村(特別区含む)から、同じ口座に振り込まれます。ご不明な点があれば、10月に児童手当を支給をした引っ越し前の市町村にお問い合わせください。申請が必要な方については、9月30日時点の住所地の市町村で申請した指定口座に振り込みます。

 

Q. DV被害により子どもとともに避難していますが、どうなりますか?

A. 令和3年9月分の児童手当の支給を配偶者(DV加害者)が受けている場合についても、高山市で本給付金の支給を受けることができる場合がありますので、なるべく早くご相談ください。住民票を動かす必要はありません。

問合先

高山市役所子育て支援課「子育て世帯への臨時特別給付金」窓口

電話 0577-32-3333(内線2934・2946)

PDF形式のファイルをご利用するためには、「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

福祉部 子育て支援課
電話:0577-35-3140 ファクス:0577-35-3165
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。