エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > くらしの情報 > 防災・防犯・消防 > 防犯 > 防犯カメラ設置補助


ここから本文です。

防犯カメラ設置補助

ページ番号 T1010710  更新日  令和元年5月20日

印刷 大きな文字で印刷

自主防犯活動を支援「防犯カメラ設置補助」

 市民のみなさんが安全・安心に暮らせるよう、地域での見守り活動などの自主防犯活動を支援するため、防犯カメラの設置費用に対する補助制度があります。

対象

市内のまちづくり協議会、町内会及び商店会並びにこれらに準ずる団体(一定地域の住民により組織されているもの)で、次の条件を満たすもの。

  • 補助金の交付申請時までに地域における継続的な登下校の見守りやパトロールなど、自主防犯活動の実績があり、かつ今後の活動が見込まれること
  • 市が定める「地域団体における防犯カメラの設置及び運用基準」を遵守すること
  • 防犯カメラの設置に対し、国、県、または市からの同種の補助金の交付を受けていないこと

補助対象経費

  • 防犯カメラ等の機器購入費および設置工事費用
  • 防犯カメラの撮影を示す看板設置費用

 ※電気代などの維持管理費は対象外です

補助額

 補助対象経費に2分の1を乗じた額と、20万円に設置台数を乗じた額のいずれか低い額
 ※千円未満切り捨て、1団体あたり2台まで

地域団体における防犯カメラの設置及び運用基準

 補助金の交付を受けて防犯カメラを設置する地域団体が、防犯カメラを設置・運用するに当たり、順守していただく事項を定めていますので、内容をよくご確認ください。

<主な内容>

  • 個人情報及びプライバシー保護に努めること
  • 防犯カメラ管理責任者及び、必要に応じて防犯カメラ取扱者を選任すること
  • 撮影区域の2分の1以上の面積が公道(不特定多数の人が通行する私道を含む。)であって、特定の個人及び建物等を監視するものでないこと
  • 防犯カメラの設置について、道路交通法等の法令に基づく許可が必要である場合は、当該許可を得ること
  • 防犯カメラを設置している旨及び防犯カメラを設置する地域団体名について、防犯カメラの設置場所又は撮影区域内の見やすい場所に視認できる方法により表示すること
  • この基準の内容に基づき、地域団体における防犯カメラの設置及び運用規程を定めること

申請にあたっての注意事項

 申請にあたっては、申請前に、事前に協働推進課までご相談ください。
 なお申請時に必要なものは次の通りです。
 ※設置後の申請は受付できかねますのでご注意ください。

  1.  高山市防犯カメラ設置事業補助金交付申請書
  2.  事業実施計画書
  1. 地域団体の規約等
  2. 自主防犯活動の取組状況がわかる書類(総会等の事業報告の写しなど)
  3. 地域団体の防犯カメラ設置・運用規程
    個人情報の適正な取り扱いを明確にするため、設置する地域団体で定めていただきます。
  1.  事業実施位置図
  2.  設置費用見積書の写し(設置する防犯カメラの仕様がわかるもの)
  3.  概ねの撮影範囲のわかる写真(設置する防犯カメラがどこを撮影するかわかるもの)     
  4.  撮影区域内及び隣接する居住者等の承諾書
  5.  その他市長が必要と認める書類
    新たに電柱に設置する場合は電柱管理者(中電、NTT等)の承諾書の写し、個人の土地にポール等を立てて設置する場合は土地所有者の承諾書の写しなど

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

市民活動部 協働推進課
電話:0577-35-3412 ファクス:0577-35-3414
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る


このページのトップへ戻る