エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > くらしの情報 > 防災・防犯・消防 > 消防 > 救急・救命 > 救急救命士


ここから本文です。

救急救命士

ページ番号 T1000366  更新日  平成27年3月5日

印刷 大きな文字で印刷

救急救命士は、生命が危険な状態にある傷病者に対して、医師の指示により、救命処置を行うことができます。それを特定行為といいます。

救急救命士は出場の際にはオレンジ色のアポロキャップとベストを着用しています。

オレンジ色のアポロキャップとベストを着用した救急救命士
オレンジ色のアポロキャップとベストを着用した救急救命士の写真

オレンジ色のアポロキャップ
オレンジ色のアポロキャップの写真

特定行為

特定行為は、傷病者の気道を確保するすために食道閉鎖式エアウェイの使用と静脈路確保のために乳酸リンゲル液を用いた輸液の処置をいいます。また、気管挿管や薬剤投与も一定の教育を受けた救急救命士が行うことができます。

各種食堂閉鎖式エアウェイ
各種食堂閉鎖式エアウェイの写真

静脈路確保セット
静脈路確保セットの写真

このページに関するお問い合わせ

高山消防署 救急課
電話:0577-32-0119 ファクス:0577-34-7384
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る


このページのトップへ戻る