公共施設などの行政サービス

ページ番号 T1016231  更新日  令和4年9月30日

印刷 大きな文字で印刷

市有施設

施設をご利用の際の注意点

〇人との距離や会話の有無により、メリハリをつけてマスクを着用しましょう。
 マスクを着用できればより安全ですが、以下の場面では外すことも賢く行いましょう。

  • 屋外で人との距離がある(ランニング、密にならない外遊びなど)
  • 屋外で人との距離はないが、会話をほとんど行わない(徒歩での通勤など)
  • 屋内で人との距離があり、会話をほとんど行わない

〇夏場については、熱中症防止の観点から、上記の屋外の場面では、適宜マスクをはずしましょう。
〇空いている時間帯に利用しましょう。
〇受付に並ぶ際は距離を保ちましょう。
〇長時間の滞在は控えましょう。
〇発熱などの風邪症状をお持ちの方はご遠慮ください。

イベント等の開催制限について

市及び指定管理者主催のイベント・講座については、感染防止対策を徹底のうえ開催します。

民間主催のイベントについても、同様の対応をお願いいたします。
各業界が定める業種別ガイドラインに則した感染防止策にも留意願います。

イベントとは、事前予約制、チケット販売、時間指定(〇時から〇時まで)等の方式で不特定多数に向けて集客する単発の興行等(演劇、音楽コンサート、スポーツイベント等)を指します。(祭り、花火大会、野外フェス等も含みます。)

イベントの規模要件(人数・収容率等)

イベントの規模要件(人数・収容率等)は以下のとおりとします。(1イベントあたり。時間をずらす等の工夫は可能)
例外として、感染防止安全計画(参加予定人数が5,000人超かつ収容率50%超並びに「大声なし」の担保が前提のイベント等が対象)を県に提出した場合は、収容定員までの動員が可能。

規模要件
収容率※3 人数上限※3

大声なし※1 100%以内

大声あり※2   50%以内

5,000人 又は 収容定員50%以内 のいずれか大きい方

※1 大声の定義を「観客等が、通常よりも大きな声量で、反復・継続的に声を発すること」とし、これに対する対策がなされていないイベントは「大声あり」に該当する。
※2 同一グループ内で座席間隔を設けないことにより収容率が50%を超える場合は除く。
※3 収容率と人数制限でどちらか小さいほうを限度(両方の条件を満たす必要)。

 (注)「別紙1:必要な感染防止策」が担保されることが前提。

  1. 飛沫の抑制(マスク着用や大声を出さないこと)の徹底
  2. 手洗、手指・施設消毒の徹底
  3. 換気の徹底
  4. 来場者間の密集回避
  5. 飲食の制限
  6. 出演者等の感染対策
  7. 参加者の把握・管理等 

イベント開催に係る動員数及び感染防止安全計画の提出等に係る確認フロー図

具体的には、国が示す催物の開催制限の基準を準拠していくものとする。詳しくは、下記、岐阜県のホームページを確認ください。

PDF形式のファイルをご利用するためには、「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

市民保健部 健康推進課
電話:0577-35-3160 ファクス:0577-35-3173
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。