エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > ようこそ市長室へ > ダイアリー(市長の日記) > 市長ダイアリー令和2年(2020年) > 令和2年8月 ダイアリー(市長の日記)


ここから本文です。

令和2年8月 ダイアリー(市長の日記)

ページ番号 T1012918  更新日  令和2年9月1日

印刷 大きな文字で印刷

8月31日月曜日 災害時の避難所施設利用に関する協定を締結

市内の宿泊事業者の多くが加盟されている、「飛騨高山旅館ホテル協同組合 様」と「一般社団法人 奥飛騨温泉郷観光協会 様」と災害時の避難所施設利用に関する協定を締結しました。

災害時には、新型コロナウイルス感染症対策として密集を避けるため、ソーシャルディスタンスの確保やできるだけ多くの避難所を開設することが求められていることから、大規模災害時などは避難所が不足することが想定されます。この協定により、避難所が不足した場合には、両団体に加盟されている一部のホテルや旅館について、市の要請により避難所としてご利用いただくことができます

今後も自助・共助・公助の連携を図りながら、災害に強いまちづくりをすすめてまいりますので、引き続きご理解ご協力をよろしくお願いします。

8月27日木曜日 定例記者会見

本日、定例記者会見を開催し、9月1日から開会する高山市議会定例会に上程する議案39件を発表させていただきました。
今回の9月議会には令和2年7月豪雨災害に伴う災害復旧費に約60億円の補正予算を計上しております。一刻も早く復旧できるよう、関係機関と連携し、全力で取り組んでまいります。
また、この他にも令和2年高山市観光客入込み者数などを発表させていただきました。観光業等の動向については、非常に厳しい局面をむかえています。
今後も安全・安心な市民生活の確保と経済活動の回復を図っていくために、必要な対策を実施してまいりたいと考えております。

市議会の様子はどなたでも傍聴できます。また、ケーブルテレビやインターネットでも中継しますので、ぜひご覧ください。

8月27日木曜日 Hits FM「教えて!くにしま市長」を収録しました

Hits FMの市政番組「教えて!くにしま市長」の収録をしました。

今回も番組2回分を収録。
一つ目は、新型コロナウイルス感染症への対応のための各種支援制度をご紹介しています。
ご自分のお仕事や暮らしに照らし合わせながらお聴きいただき、活用のヒントにしていただけたらと思います。

二つ目は、9月21日の「高山市平和の日」についてお話ししました。
皆さまお一人おひとりが日々の生活のなかで実現できる「平和」について考えていただくきっかけとなればありがたいです。

番組は毎週月曜日の12時と17時45分より放送しています。ぜひお聴きください。

8月20日木曜日 災害時における段ボール製品等の確保の協力に関する協定を締結

市内で段ボール製品の製造販売を行っている「株式会社共進ペイパー&パッケージ」様、「ヒダシキ株式会社」様と災害時における段ボール製品等の確保の協力に関する協定を締結しました。

この協定により、市内で大規模な災害が発生した場合に避難所などで必要となる段ボール間仕切りや段ボールベッドなどの市の備蓄物資が不足する場合に、物資の調達や配送などのご協力をいただけることになりました。

今後も自助・共助・公助の連携を図りながら、災害に強いまちづくりをすすめてまいりたいと考えておりますので、引き続きご支援ご協力のほどよろしくお願いいたします。

8月20日木曜日 高山・デンバー友好協会 外務大臣表彰伝達式

高山・デンバー友好協会が、日本と米国の友好関係促進及び米国における対日理解の促進に多大な貢献をしたとして令和2年7月29日付で外務大臣表彰を受賞されたことを受け、表彰の伝達をさせていただきました。

高山市とデンバー市とは1960年に姉妹都市提携を締結し、今年で締結60周年を迎えました。
「高山・デンバー友好協会」は1977年に設立され、市と協働・連携し、さまざまな分野での交流にご尽力いただいております。

60周年を機にこれまでの長きにわたる両国の交流を振り返りますと、人と人とが心を通わせ合う素晴らしい交流が息長く続けられていることを感じます。今日の信頼ある友好関係が築かれておりますのも、協会の皆さまの長年にわたるご尽力の賜と、感謝の言葉を述べさせていただきました。

今後も官民で協働・連携し、デンバー市との友好交流を続けてまいります。

8月19日金曜日 新型コロナ感染症に対する追加対策を発表しました

本日、臨時記者会見を開催し、新型コロナウイルス感染症による影響に対応するための追加対策を発表しました。

これまでにも緊急経済対策を打ち出し、取り組んでいるところでありますが、コロナとの闘いは長期にわたることが予想されることから、安全・安心な市民生活の確保と経済活動の回復の両立を目指し、追加の各種対策を実施することとしました。

施策としては、プレミアム率50%にあたる公共交通利用券の発行(1,500円分を1,000円で販売)や、各種住宅関係補助金制度の拡充(補助率、限度額の拡充)などをはじめとして、幅広い分野への支援策となっております。

今後も引き続き、市民の皆さまや事業者の皆さまの声を聴きながら、きめ細かく対応するとともに、刻一刻と変化する状況を見極め、必要な対策を実施してまいります。

なお、新型コロナウイルス感染症への感染者や他地域からの来訪者などに対する「不当な差別や偏見」が社会的な問題になっています。
市民の皆さまには、人権に配慮した冷静な行動に努めていただきますようお願いいたします。

8月4日火曜日・12日水曜日 令和2年4月新規採用職員との懇談

副市長、教育長とともに、今年4月に高山市役所に就職した職員(22人)と懇談しました。
マスクを着用しての懇談となりましたが、新規採用の皆さんからは現在の業務内容や将来の抱負などを語っていただき、皆さんそれぞれの想いを感じることができました。

私からは、これからの人生のうち大半を過ごすことになる市役所での時間が有意義なものとなるよう、市全体の施策や方向性を踏まえつつ業務を行い、現在の業務には常に疑問を持つことで進化・発展させることが大事であると伝えました。
また、毎日感動できるような感性や、同期・職場の仲間とのチームワークを大切にし、市民をはじめ様々な方々との信頼関係を築いてほしいとアドバイスを贈りました。

皆さんの今後の成長と活躍に期待しています。

8月11日火曜日 荘川町まちづくり協議会から義援金をご寄付いただきました

荘川町まちづくり協議会の寺田会長、金井副会長が来訪され、令和2年7月豪雨による被災者の支援のための義援金として10万円をご寄付くださいました。

荘川町内では今回の災害による被害がなかったものの、丹生川、朝日、久々野地域などでは大きな被害があり、同じ高山市の住民として少しでも被災された方の力になりたいとの思いから、荘川地区町内会に入会する約310世帯の皆さまより集められたとのことです。
心温まるお心遣いに深く感謝申し上げます。

市では9月30日まで義援金を募っております。
いただいた義援金は被災された皆さまのもとにお届けさせていただきます。

8月6日木曜日 トリエンナーレ審査員との面談

「飛騨高山国際現代木版画トリエンナーレ」の審査をお願いしている、版画家で東京藝術大学名誉教授の野田哲也さん、同じく版画家で愛知県立芸術大学名誉教授の磯見輝夫さん、版画の専門誌「版画芸術」の編集に携わる松山龍雄さんと面談をしました。

飛騨高山国際現代木版画トリエンナーレは3年に一度開催する木版画の国際公募展で、今回で11回目を数え、審査員の皆さんには、昨年度応募のあった作品の中から画像による一次審査を通過した作品の現物審査(二次審査)を行うために高山にお越しいただきました。

野田さんと磯見さんは日本版画界を代表する作家で、平成10年度に開催した第1回公募展から審査をお願いしています。
松山さんは今回新たに審査員をお願いした方で、初めての審査になりますが、各審査員の皆さまには作品の審査だけでなく、それぞれ専門的な知見から公募展の運営等についても様々なアドバイスをいただいており、あらためて感謝申し上げます。

新型コロナウイルス感染症の影響で県をまたぐ移動が制限されたことを受け、4月開催予定の審査会をこれまで延期しており、応募者の皆さまには大変ご迷惑をおかけしておりますが、ようやく審査会を開催することができました。
8月下旬には結果を発表させていただく予定です。

8月5日水曜日 感染対策特別さるぼぼの寄贈

飛騨のさるぼぼ製造協同組合様より、市役所来庁者のソーシャルディスタンス用に「感染対策特別さるぼぼ」を寄贈いただきました。

「組合にしかできない貢献をしよう」と企画されたもので、間隔を空けて座るよう呼びかける張り紙の代わりとして、新型コロナウィルス感染の予防を呼びかける特製さるぼぼを考案されたそうです。
この特製さるぼぼは、マスクをつけ「そしゃ 感染対策やぞ!」と書かれた腹当てをしています。

さっそく市役所内の待合ソファに設置させていただきました。
「そしゃ感染対策やぞ!」と呼び掛けている可愛らしい特別なさるぼぼをご覧いただくことで、少しでも明るい気持ちで市民の皆さまと一緒に感染対策に取り組んでいきたいと思います。
寄贈いただき心より感謝いたします。

このページに関するお問い合わせ

企画部 秘書課
電話:0577-35-3130 ファクス:0577-36-2060
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る


このページのトップへ戻る