エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 新型コロナウィルス感染症に関する情報 > 市民・事業者(団体)の皆さまへのお願い


ここから本文です。

市民・事業者(団体)の皆さまへのお願い

ページ番号 T1012034  更新日  令和2年4月10日

印刷 大きな文字で印刷

新型コロナウイルス感染症とは

これまで人に感染が確認されていなかった新種のコロナウイルスが原因と考えられる感染症です。

【特徴】

● 発熱や咳などの症状が1週間前後と長引くことが多く、強いだるさ(倦怠感)を 訴える人が多い
● 症状がなくても、感染している場合がある
● 無症状~軽症の人が多い
● 高齢者や糖尿病、心不全、呼吸器疾患などのある方は重症化する可能性がある

【どうやって感染するの?】

⑴ 飛まつ感染
 (1) 感染者のくしゃみや咳により、唾液などの飛沫と一緒にウイルスを放出。
 (2) 近くの人がそのウイルスを口や鼻から吸い込み感染。
⑵ 接触感染
 (1) 感染者が、くしゃみや咳を手で押さえる。
 (2) その手で周りの物に触れて、ウイルスが付着。
 (3) 別の人がその物に触れてウイルスが手に付着。
 (4) その手で口や目、鼻に触れることで粘膜から感染。
  ※ 主な感染場所: 列車やバスのつり革、ドアノブ、スイッチなど

市民の皆さまへのお願い

市民一人ひとりが「ご自身のため」「ご家族のため」「社会のため」に、感染予防対策を徹底して行ってください。
誤った情報や風評に惑わされないよう、落ち着いた行動をお願いします。

◎新型コロナウイルス感染症の感染予防のためには、季節性インフルエンザなどと同様の「咳エチケット」や「手洗い・うがいの励行」などのウイルス性感染症対策が有効です。次の予防対策の徹底をお願いいたします。

・帰宅時や食事の前、トイレの後には必ず石けんで手を洗い、うがいを励行しましょう。
 口や目、鼻の粘膜を触れることで感染しやすいので、手洗い前には触れないようにしましょう。
・咳やくしゃみが出るときは、マスクの着用や、ティッシュ、ハンカチなどで鼻や口を押さえる「咳エチケット」を守り、人混みへの外出を控えましょう。
・部屋の温度や湿度に注意し、のどを乾燥から守りましょう。
・栄養と休息を十分にとって抵抗力をつけましょう。

◎不要不急の外出を控えてください。

不要不急とは、「その日(今すぐ)」「どうしても」やらなければいけないこと以外の用事です。
特に症状が出にくいとされる若い方の移動によるウイルス拡散が指摘されています。慎重な行動をお願いします。

◎3つの密を避けてください。

(1)換気の悪い密閉空間 (2)多数が集まる密集場所 (3)間近で会話や発声をする密接場面

◎風邪のような症状があるときは、仕事などは休み、外出を控えてください。また毎日体温を測定して記録してください。

高齢者や基礎疾患をお持ちの方については、人混みの多いところはできるだけ避けるなど、感染予防にご注意をお願いします。

※基礎疾患のある方とは
糖尿病、心不全、呼吸器の疾患(COPD など)の治療を受けている方、透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤などを用いている方

新型コロナウイルス感染症対策ちらし

事業者(団体)などの皆さまへのお願い

・事業所(団体)における感染防止対策(手洗い・うがいの励行、咳エチケット、消毒液の設置、手すり・ドアノブ・スイッチなどの消毒)の徹底をお願いいたします。
・宿泊客やご来訪の方が風邪のような症状がある場合は、相談窓口への相談をすすめてください。
・風邪のような症状のある従業員が、大事をとって休むことに対するご理解と、休みやすい環境の整備にご協力をお願いいたします。
・民間主催のイベントなどについては、感染予防の観点から開催の必要性を改めて検討してください。
 開催する必要がある場合は、入口等へのアルコール消毒液の設置、風邪のような症状のある方への参加自粛の呼びかけ、3つの密(密閉、密集、密接)にならないよう配慮するなど、感染予防対策を徹底してください。

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

市民保健部 健康推進課
電話:0577-35-3160 ファクス:0577-35-3173
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る


このページのトップへ戻る