エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 市政情報 > 各種計画 > 第八次総合計画の主な関連計画 > 障がい者福祉総合計画


ここから本文です。

障がい者福祉総合計画

ページ番号 T1002149  更新日  平成30年4月20日

印刷 大きな文字で印刷

高山市障がい者福祉総合計画について

 市では、平成10年度に第1期となる「高山市障害者福祉計画」、平成18年度には第2期となる「高山市障がい者福祉計画」を策定し、平成29年度に至るまで第4期までの計画を策定し、障がい者施策の充実・障がい者福祉の推進に努めてきました。また、平成18年度からは障がい福祉サービスの見込み量及びその提供体制の確保策などを定めた「高山市障がい福祉サービス計画」を第4期まで策定し、障がいのある方が安心して障がい福祉サービスが利用できるよう努めてきました。今回、「高山市障がい者福祉計画(第4期)」及び「高山市障がい福祉サービス計画(第4期)」の計画期間満了に伴う見直しと、児童福祉法の改正により「障がい児福祉サービス計画」を新たに策定することとなり、基本目標や障がい者施策を達成するための方策として、サービスの提供体制の確保策などとの関連性が深いことから、これら3つの計画をひとつの計画とし、「高山市障がい者福祉総合計画」として策定しました。今回策定した計画では、地域の現状と課題を踏まえたうえ、重点的に進める支援として「地域生活の維持・継続」「自立の促進」「健全な発達支援」「地域共生社会の実現」の4つの分野に整理し、障がい者施策の推進を図るものとします。

計画の位置づけ

 この計画は、「高山市第八次総合計画」の都市像『人・自然・文化がおりなす 活力とやさしさのあるまち 飛騨高山』の実現に向けて、高山市誰にもやさしいまちづくり条例及び高山市地域福祉計画をはじめとした関連する個別計画及び高山市教育大綱との調和、整合性を確保し、障害者基本法等に定めのある3つの計画をひとつにした計画とします。

 「高山市障がい者福祉計画」(障害者基本法第11条第3項に基づく計画)

 「高山市障がい福祉サービス計画」(障害者総合支援法第88条第1項に基づく計画)

 「高山市障がい児福祉サービス計画」(児童福祉法第33条の20に基づく計画)

計画期間

平成30年度から平成32年度までの3年間

計画書ダウンロード

問合先

福祉課 福祉・障がい係
電話:0577-35-3356 

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

福祉部 福祉課
電話:0577-35-3356 ファクス:0577-35-3165
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る


このページのトップへ戻る