エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 市政情報 > 各種計画 > 第八次総合計画の主な関連計画 > 障がい者福祉計画


ここから本文です。

障がい者福祉計画

ページ番号 T1002149  更新日  平成28年4月1日

印刷 大きな文字で印刷

高山市障がい者福祉計画について

 市では、平成10年度から平成17年度までを計画期間とする「高山市障害者福祉計画」、平成18年度から平成23年度までを計画期間とする「高山市障がい者福祉計画(第2期)」及び平成24年度から平成26年度までを計画期間とする「高山市障がい者福祉計画(第3期)」を策定し、障がい者施策の充実に努めてきました。また、平成17年4月に高山市誰にもやさしいまちづくり条例を施行し、ノーマライゼーションの理念に基づく施設や生活環境の整備を促進するとともに、誰もが安心して心ゆたかに過ごせるまちづくり、互いに理解し尊重し合うまちづくりを目指して、市、市民及び事業者の責務を明らかにしつつ「安全・安心・快適なまちづくり」を進めてきました。平成24年10月には、「障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等関する法律」(以下「障害者虐待防止法」という。)、平成25年度には、「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」(以下「障害者総合支援法」という。)が施行されました。また、平成28年4月からは、「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(以下「障害者差別解消法」という。)が施行予定となっており、障がい者に係るさまざまな法令の整備が推進され、障がい者が安心して生活するための環境整備や権利擁護の実現に向けた取組みが一層強化されています。現在の障がい者を取り巻く状況の変化を踏まえ、新たに「障がい者福祉計画(第4期)」に基づき、障がい者施策の推進を図るものとします。

計画の位置づけ

 この計画は、「高山市第八次総合計画」の都市像『人・自然・文化がおりなす 活力とやさしさのあるまち 飛騨高山』の実現に向けて、高山市誰にもやさしいまちづくり条例及び高山市地域福祉計画をはじめとした関連する個別計画との調和、整合性を確保し、障害者基本法第11条第3項に基づき策定しています。

計画期間

平成27年度から平成29年度までの3年間

計画書ダウンロード

問合先

福祉課 福祉・障がい係
電話:0577-35-3356 

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

福祉部 福祉課
電話:0577-35-3356 ファクス:0577-35-3165
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る


このページのトップへ戻る