エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 市政情報 > 指定管理者制度 > 指定管理者制度とは


ここから本文です。

指定管理者制度とは

ページ番号 T1004010  更新日  平成29年7月27日

印刷 大きな文字で印刷

指定管理者制度とは

 指定管理者制度とは、地方自治体が設置する公の施設の管理、運営について、民間事業者を含む幅広い団体に委ねることができる制度です。この制度は平成15年6月の地方自治法の改正により創設された制度で、「多様化する市民ニーズにより効果的、効率的に対応するため、公の施設の管理に民間の能力を活用しつつ、市民サービスの向上と経費の節減等を図ること」を目的としています。

 高山市では、現在233施設に指定管理者制度を導入しています。

 指定管理者による施設管理は、設置目的に沿って行われる施設の管理や、行事の計画・実行などを包括的に行うもので、清掃や警備、保守などといった一部業務の委託とは異なります。施設の管理・運営には公正かつ適正で、利用者ニーズへの柔軟な対応とともに、質の高いサービスの提供、効率的な管理による経費の削減を図ることが求められます。

添付ファイル

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

総務部 行政経営課
電話:0577-35-3040 ファクス:0577-35-3162
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る


このページのトップへ戻る