エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 市政情報 > 産業 > 農業 > 地産地消 > 「飛騨をまるごと食べんかな」月間


ここから本文です。

「飛騨をまるごと食べんかな」月間

ページ番号 T1002629  更新日  平成30年12月6日

印刷 大きな文字で印刷

8月・9月は「飛騨をまるごと食べんかな」月間

高山市地産地消推進会議では、市民のみなさんや高山を訪れる観光客のみなさんに飛騨でとれる野菜や牛乳、飛騨牛など地元のおいしい食材を味わっていただこうと、8月・9月を「飛騨をまるごと食べんかな」月間とし、地産地消をPRします。
期間中、この活動に賛同し地元食材を使ったメニューの提供や地元野菜の特設コーナーの設置など、「飛騨」の農畜水産物のおいしさを一緒にPRしてくださる市内のホテルや旅館、スーパー、飲食店などを募集します。
市農務課またはホームページにある登録申込書に必要事項を記入のうえお申し込みください。
今年の夏も、高山のまちの「つくる人・うる人・食べる人」みんなで盛り上がりましょう!!

参加店(サポーター)募集

飛騨をまるごと食べんかなチラシ

平成30年度サポーター一覧(216店舗、32団体)

平成29年度サポーター一覧(220店舗、32団体)

平成28年度サポーター一覧(223店舗、32団体)

平成27年度サポーター一覧(218店舗、32団体)

平成26年度サポーター一覧(200店舗、32団体)

平成25年度サポーター一覧(185店舗、8団体)

平成24年度参加店一覧(177店舗、8団体)

平成23年度参画店一覧(146店舗、7団体)

 

「飛騨をまるごと食べんかな」月間とは?

地元農家で組織する「飛騨の野菜でごちそうプロジェクトチーム」(通称:ごちプロ)が平成21年からはじめた活動。
自分たちが育てた野菜や牛乳などを地元の方はもちろん、高山を訪れる多くの観光客の方にも味わってほしい!という思いから、平成19年にプロジェクトチームを結成し、平成21年から地元のものを地元で味わう「地産地食」を進めようと、「飛騨まるごと食べんかな月間」を提案し、8月31日(や・さ・い)を中心に取り組んできました。

現在は、高山市地産地消推進会議として、8月・9月の2ケ月間を月間と定め、地元のホテル・旅館、スーパーや飲食店などにご協力をいただきながら、地産地消をPRしています。

  • 平成21年(第1回目):67店舗9団体が参加
  • 平成22年(第2回目):105店舗11団体が参加
  • 平成23年(第3回目):146店舗7団体が参加 (高山市地産地消推進会議とともに8月の1カ月を 「飛騨高山やさいの日」として活動)
  • 平成24年(第4回目):177店舗8団体が参加
  • 平成25年(第5回目):185店舗8団体が参加 (「飛騨をまるごと食べんかな」月間と改称)
  • 平成26年(第6回目):200店舗32団体が参加
  • 平成27年(第7回目):218店舗32団体が参加
  • 平成28年(第8回目):223店舗32団体が参加
  • 平成29年(第9回目):220店舗32団体が参加
  • 平成30年(第10回目):216店舗32団体が参加

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

農政部 農務課
電話:0577-35-3141 ファクス:0577-35-3166
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る


このページのトップへ戻る