エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 市政情報 > 広報・広聴 > 市にお寄せいただいたご意見 > 来庁時の窓口手続きや職員からの電話連絡で不快な思いをしました


ここから本文です。

来庁時の窓口手続きや職員からの電話連絡で不快な思いをしました

ページ番号 T1009171  更新日  平成30年2月7日

印刷 大きな文字で印刷

ご意見受付日 平成30年1月13日

投稿要旨

 12時半過ぎに保健センターを訪ね低出生体重児の書類手続きをしました。窓口カウンターにつながる事務所から聞こえる昼休憩中の職員の大きな笑い声や雑談が気になり、落ち着いて手続きができませんでした。窓口で対応する職員も注意の声をかけることはなく、とても残念で悔しい思いをしました。市民が気持ちよく窓口を利用できるよう、雰囲気や環境づくりに努めてください。

 その後、まだ産後1カ月を経過しない時期であるのに、保健師から子どもの様子を尋ねる電話がありました。まだ子どもが退院できる時期ではなく、産後の体調が整っていないことを考えて、電話のタイミングへの配慮がほしかったです。

回答

保健センターへ手続きにお越しいただいた際に、ご不快な思いをさせてしまい、大変申し訳ございませんでした。

市役所は正午から午後1時までは職員の休憩時間となっております。その休憩時間中は職員が当番制で窓口に来庁されましたお客様を対応しております。

今回、休憩中の職員の会話が、お客様の手続きの妨げとなるような事案が発生しましたことを、職員一同反省し、今一度接遇姿勢等を確認し、お客様が気持ちよく窓口を利用できますよう改善を図ります。

また、出産後の電話につきましても、大変不愉快に感じられたことをお詫びいたします。しかしながら、お母さんの中には出産後に育児等で悩んでいる方もおみえになり、お母さんと赤ちゃんがお元気でお過ごしかどうか、1カ月までには市役所から電話をかけて把握するという体制をとっております。どうかこの点についてはご理解いただきますようお願いいたします。

今後とも高山市の健康政策にご理解とご協力をいただきますよう、よろしくお願いいたします。

このページに関するお問い合わせ

市民保健部 健康推進課
電話:0577-35-3160 ファクス:0577-35-3173
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る


このページのトップへ戻る