エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 市政情報 > 市の紹介 > 高山市の歌


ここから本文です。

高山市の歌

ページ番号 T1001906  更新日  平成27年2月16日

印刷 大きな文字で印刷

昭和41年11月1日告示第65号

作詞  辰巳 利郎
作曲  長尾 量平

1番

しろがねの 雪のアルプス 真向いに
紫匂う 朝がすみ
百重(ももえ)の山を めぐらして
人の和清く 展(ひら)けゆく
平和の都 高山市

2番

宮川の 瀬音(せおと)清らに さみどりの
柳をひたし ゆくところ
偲(しの)ぶにあまる 数々の
史蹟にかおる 世々のあと
歴史の都 高山市

3番

城山の 花にもみじに 春秋の
祭も床(ゆか)し うまし郷土(さと)
今躍進の 意気あらた
文化産業 栄えゆく
希望の都 高山市

高山市の歌楽譜の画像

このページに関するお問い合わせ

市民活動部 協働推進課
電話:0577-35-3412 ファクス:0577-35-3414
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る


このページのトップへ戻る