現在位置:  トップページ > ようこそ市長室へ


ようこそ市長室へ

ページ番号 T1000056  更新日  平成30年5月1日

ごあいさつ

新緑とともに

写真:國島芳明市長

 新緑が鮮やかな5月を迎えました。例年5月に入って見頃を迎える荘川桜も4月に満開となり、今年は本格的な春が少し早めに訪れています。気候が暖かくなり、市民の皆さまもこれから山や川へと自然を楽しみにお出かけする機会も増えてくるかと思います。
 そんな中、自分のペースで飛騨の自然を楽しむ新しい取り組みが今月開催されますので、その紹介をさせていただきます。
 今月19日、平湯温泉において『ONSEN・ガストロノミーウォーキング』というイベントが東海地方では初めて開催されます。ガストロノミーウォーキングとは、その土地を歩きながら、その土地ならではの食を楽しみ、歴史や文化を知る旅のことで、欧米では普及している旅のスタイルです。
 そこに日本が世界に誇る温泉(ONSEN)を楽しむ要素として加えたものが「ONSEN・ガストロノミーウォーキング」で、温泉地を拠点として、地域特有の「食」「自然」「文化・歴史」のすべてをウォーキングしながら、一度に体感しようとする新しい旅のスタイルです。岐阜県や(一社)ONSEN・ガストロノミーツーリズム推進機構(会長 東京都市大学涌井史郎特別教授)の協力を得て開催されるものです。(要事前申込・参加費)
 テーマは『私のペースで「めぐる」「たべる」「つかる」』
 山野草が咲き、野鳥がさえずる平湯の自然探勝路をゆっくりと自分のペースで歩いていただきながら、コース上のポイントで準備されている地域が誇る飛騨牛や山菜の料理を食し、地酒やトマトジュースを飲み、最後は温泉で癒していただくという大変盛りだくさんで魅力ある内容となっています。
 また前日の18日には、「ONSEN・ガストロノミーウォーキングを通じて ぎふを元気に」と題し、同ウォーキングの地域づくりへの活用や可能性について涌井教授らが参加して文化会館でシンポジウムが開催されます。(参加無料)
 高山市には、多くの温泉とそれを取り巻く豊かな自然、地域特有の食文化が市域に点在していますので、今後もONSEN・ガストロノミーウォーキングを市域全体に普及、拡大していけたらと考えています。
 今回のイベントには多くの観光客の参加も見込まれますが、ぜひ、市民の皆さまにもご家族そろってお出掛けいただき、地元のすばらしい自然、食、温泉を楽しみながら、心身のリフレッシュ、そして参加者同士の交流につながる一日となればと思っています。

※お申し込みはURL(https://www.sportsentry.ne.jp/event/t/74100)からアクセスいただくか、専用電話回線(0570-550-846)から申し込みが可能です。その他問い合わせについては、主催者となるONSEN・ガストロノミーウォーキングin奥飛騨・平湯温泉実行委員会(平湯温泉観光協会0578-89-3030)へお問い合わせください。

高山市長國島芳明(くにしまみちひろ)

   平成30年5月1日


このページに関するお問い合わせ

企画部 秘書課
電話:0577-35-3130 ファクス:0577-36-2060
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


このページのトップへ戻る

  • 表示 PC