現在位置:  トップページ > くらしの情報 > 教育・学校 > 給食センター > 今月の食育だより


今月の食育だより

ページ番号 T1000796  更新日  平成30年7月1日

 湿度の高い、暑い日が続いています。疲れがとれない、食欲がわかないなど、夏バテぎみの人はいませんか?夏バテを防ぐためには、規則正しい生活と栄養バランスのとれた食事をすることが基本となります。早寝・早起きをして、しっかり朝ごはんを食べ、これからますます暑くなる夏を元気に過ごしましょう。

おやつ、その前に・・・

 もうすぐ夏休みです。自由に使える時間が増え、自分の判断でおやつを食べる機会も増えます。おやつを食べる前に、次のことに気をつけましょう。

おやつの食べ方を考えよう!

(1)おやつは楽しみ程度に。時間と量を決めて食べましょう

朝・昼・夕の食事をバランスよく食べていれば、ふつうの生活で1日に必要な栄養はほぼ足りています。おやつは生活の楽しみ程度とし、食べる時間と量を決めることで、食事に影響が出ないようにしましょう。

(2)運動をする人は食事を補う「補食」をとりましょう

スポーツをする人は、「おやつ=甘いもの」ではなく、おにぎりや果物、牛乳・乳製品など、エネルギーの補給や疲労回復を助けるたんぱく質、ビタミン類などを効果的に補える食品を選んで食べましょう。

(3)おやつに食べているもの、飲むものをよく知ろう

栄養成分や原材料名を食品表示でチェックする習慣をつけましょう。とくに注意してほしいのは、糖分、脂質、塩分のとりすぎです。

糖:甘いお菓子はもちろん、100%果汁ジュースにも糖分は多く含まれます。水代わりに飲むのはやめましょう。

脂:スナック菓子では揚げ油に、アイスクリームやチョコレートにも油脂が多く使われています。

塩:濃い塩味はくせになります。パンやスポーツドリンクにも含まれます。「食塩相当量」をチェックしましょう。

 

旬の食材

ズッキーニの写真

ズッキーニ

 ズッキーニは、メキシコなどの熱帯アメリカ原産といわれます。日本では、80年代から栽培され始めた比較的新しい野菜です。形は大きなきゅうりのようですが、ペポかぼちゃの仲間で、若い未熟な果実を食べます。ただ、緑黄色野菜のかぼちゃと違い、淡色野菜に属します。ズッキーニは、ほんのり甘みがあり、くせのない味のため、薄い輪切りにしてムニエルにしたり、炒め物やスープなど、いろいろな料理に使えます。βカロテンやビタミンCが豊富で、免疫力のアップや風邪予防に効果があります。

7月の食べ物クイズ

このたべものなぁに?

ヒント

(1)からだが やわらかく、ほねが ありません

(2)ゆでると、あかくなります

(3)きると、なかは しろいです

(4)すみを はきます

(5)うみのなかに います

 

このページに関するお問い合わせ

学校給食センター
電話:0577-32-6218 ファクス:0577-32-6219
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


このページのトップへ戻る

  • 表示 PC