現在位置:  トップページ > くらしの情報 > 防災・防犯・消防 > 防災 > 高山市防災行政無線


高山市防災行政無線

ページ番号 T1000251  更新日  平成29年5月30日

市では、市民の生命や財産を守るため、災害発生時に緊急情報を直ちに伝える手段として市内272箇所に屋外拡声子局(スピーカー)を設置しています。(平成20年4月1日より運用開始)

平常時は、機器の動作確認を兼ね定時にチャイムなどを放送しているほか、総合防災訓練時などには訓練放送を流しています。

なお、災害発生時以外でも以下の内容を放送することがあります。

  • 火災時の消防団出動サイレン吹鳴
  • 選挙公報
  • 火災警報の発令
  • 還付金詐欺に関する注意喚起
  • 行方不明者の発見協力の呼びかけ
    (注釈:還付金詐欺、行方不明者については警察からの依頼により放送します)

防災行政無線の機能について

放送内容確認機能

放送した内容を聞き逃しても、一般電話から内容を確認することができます。

電話:0577-35-6000
み(3)んなを護(5)る防災無線(6000)

注:通話料金が必要となります

高山市役所本庁舎通話機能

災害が発生し、一般電話回線や携帯電話が通じなくなったり、道路が寸断されるなど孤立した場合でも、屋外子局(拡声器)の下にある制御機の中に備えられた受話器で高山市役所本庁舎と通話することができます。

自局放送機能

制御機に備えられたマイクで、近隣住民に対する自主的な避難勧告など音声放送を行うことができます。

自局サイレン機能

制御機に備えられたスイッチで、近隣住民に注意喚起を行うサイレン吹鳴を行うことができます。

全国瞬時警報システム(J-ALERT)について

緊急地震速報や弾道ミサイル発射情報など、安全確保に時間的余裕のない事態が発生した場合、国から発表された緊急情報を市の防災行政無線を通じて市民の皆さんに直接お伝えするものです。

緊急地震速報とは

地震は、P波と呼ばれる小さな揺れのあと、S波と呼ばれる大きな揺れがきます。
緊急地震速報は、このP波をとらえ、地震の規模や震源地を予測し、震度4以上の地震が発生すると想定される場合、大きな揺れが来る数秒から数十秒前にサイレン(キロン・キロン)を鳴らしてお知らせするものです。
地震の到達まで少しの時間しかありませんので、あわてず適切な行動が取れるよう、事前に対応策について確認しておきましょう。

武力攻撃など国民保護に関する事態とは

ミサイル攻撃や航空攻撃、テロリストによる攻撃など、市民の皆さんの生命と財産を脅かすような事態をいい、避難や退避が必要になります。
時間的余裕がない場合が多いと考えられているため、事態が発生した場合、即座に特殊なサイレンとともにお知らせするものです。
事態に応じて対応の仕方が異なりますので、あわてず行動してください。

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

総務部 危機管理課
電話:0577-35-3345 ファクス:0577-35-3174
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


このページのトップへ戻る

  • 表示 PC