現在位置:  トップページ > キッズページ > たかやましキッズページ 市のマーク(市章)・花・木


たかやましキッズページ 市のマーク(市章)・花・木

ページ番号 T1005166  更新日  平成27年2月16日

市のマーク(市章)

市のマーク・花・木について

「岳(がく)」という漢字(かんじ)をもとに、デザインしました。明治(めいじ)39年から使(つか)っています。

市の花

こばのみつばつつじ

野山に生える落葉樹(らくようじゅ(下に説明あり))で、高さは2~3メートルになります。4月から5月ころに花をさかせます。


市の木の写真「高さが10~15メートルにもなるんだよ」

さるボット「ぼくもこんどさがしてみよっと」

市の木

いちい

常緑針葉樹(じょうりょくしんようじゅ(下に説明あり))です。秋に赤い実(み)がなる木もあります。

いちいの名前は、この木で作った笏(しゃく(本のマーク。下に説明あり))を朝廷(ちょうてい(本のマーク。下に説明あり))におくったところ、ほかの材料(ざいりょう)で作られたものより美(うつく)しくよいものだったので、「正一位(しょういちい)」という最高(さいこう)の位(くらい)をあたえられたからだと言われています。

一位一刀彫(いちいいっとうぼり)の材料(ざいりょう)として使(つか)われています。


いちいの木の写真

いちいの葉と実の写真

むずかしい言葉(ことば)の意味(いみ)

落葉樹(らくようじゅ)

ある季節(きせつ)に葉(は)を落(お)とす木のなかまのこと。こばのみつばつつじは、秋から冬にかけて葉(は)を落(お)とす。

常緑針葉樹(じょうりょくしんようじゅ)

一年じゅう、みどり色の葉(は)がついている木のなかまで、葉(は)っぱの形が、針(はり)のように細長い形をしているもの。

笏(しゃく)

神主(かんぬし)やお内裏様(だいりさま)が手にもっている細長い形をした木。

朝廷(ちょうてい)

むかし、天皇(てんのう)が政治(せいじ)を行っていた場所(ばしょ)。

このページに関するお問い合わせ

企画部 企画課
電話:0577-35-3131 ファクス:0577-35-3174
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


このページのトップへ戻る

  • 表示 PC