エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > ようこそ市長室へ


ここから本文です。

ようこそ市長室へ

ページ番号 T1000056  更新日  平成30年11月1日

印刷 大きな文字で印刷

ごあいさつ

「平和首長会議開催にあたり」

写真:國島芳明市長

 赤や黄色の紅葉が市街地を彩り始めています。国分寺の大イチョウが黄色に染まるのももう間もなくのようです。
 高山に住んでいると、当たり前のように四季が流れていきますが、ふと足を止め、季節ごとに見られる彩りや旬の食べ物などを通じて自然の豊かさを実感、そして感謝したいと思っています。

 さて、今月5日と6日の両日、「第8回平和首長会議国内加盟都市会議総会」が会長である松井広島市長、副会長である田上長崎市長のご出席のもと、高山市において開催されます。
 平和首長会議は昭和57年、被爆地である広島市の当時の市長であった荒木武さんが世界の核兵器根絶を目指した都市連携を呼びかけて設立されたNGO組織です。現在(10月1日現在)は、世界163か国・地域の7,668都市、日本国内では1,730都市が加盟、高山市は平成22年5月に加盟しています。

 高山市は、昭和61年に全国に先駆けて「国際観光都市」を宣言し、世界との交流を促進し、市民参加の国際親善を進めてまいりました。都市宣言後、受入れ環境を整え、積極的なプロモーションを実施した結果、高山市の伝統・文化は世界の人々に知るところとなり、今では多くの外国人観光客で賑わっています。

 観光は地域経済を支えるという側面ももちろんありますが、異なる文化、異なる風習に触れることは相互理解の深まりにつながり、争いごとの回避にもつながると考えています。観光が世界の平和につながっており、世界が平和であるからこそ人々の往来、交流を可能とするとの考えのもと、高山市は国際観光を重要と捉え、これからも推進していかなければならないと考えています。また世界の人々が行き交う高山市は、世界の平和とつながっていることを自覚し、世界の平和のために行動する市民が住むまちでありたいと思っています。

 高山市は平成25年9月21日を「高山市平和の日」と定め、翌26年には内外の人々に平和を願い打ち鳴らしていただく鉦「平和への絆」を設置、そして昨年9月には「高山市平和都市宣言」を国内外に向けて宣言いたしました。
 これらは、多くの市民のアンケートや会議への参加、関係者のご努力により制定されたもので、あらためて感謝を申し上げたいと思います。
 平和都市宣言の作成にあたって実施された約8千名の市民アンケートで、「どんな時に平和を感じますか?」との質問に対して、半分近くの市民が「普段の日常」と回答をお寄せいただきました。
 今回の平和首長会議国内加盟都市会議の高山開催が、「普段の日常」があることにともに感謝し、世界平和を願い、そのための新しい一歩を踏み出す機会となればと思っています。

 寒さが日に日に厳しくなってまいります。市民の皆さまには、風邪などひかれないよう、どうぞご自愛ください。

高山市長國島芳明(くにしまみちひろ)

   平成30年11月1日


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページに関するお問い合わせ

企画部 秘書課
電話:0577-35-3130 ファクス:0577-36-2060
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


このページのトップへ戻る