エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > ようこそ市長室へ


ここから本文です。

ようこそ市長室へ

ページ番号 T1000056  更新日  平成30年9月15日

印刷 大きな文字で印刷

ごあいさつ

「生涯現役世代」

写真:國島芳明市長

 朝晩は少し肌寒さを感じる新秋となりました。

 先の市長選挙では、多くの方のご支持をいただき、9月4日から始まる3期目4年間の市政運営を負託いただきました。選挙戦を通じて、市民の皆さまからは未来の高山市のためにたくさんの貴重なご意見を承ったと思っております。
 8年ぶりとなった選挙は一人の市長を選択するだけでなく、その過程を通じて市民一人ひとりが、そして私自身も未来の高山をどうしていきたいのか、今一度真剣に考えるそんな機会だったのではないかと振り返っています。
 いただいたご意見・ご提案は一つ一つ検証するとともに、高山市の10年後、50年後を思い描きながら、今なすべきことを一層の覚悟をもって、推し進めてまいる所存であります。
 市民の皆さまには引き続きのご理解とご協力、そして主体的なまちづくりへの参画を賜りますよう、あらためてお願いを申し上げます。

 さて、9月17日は敬老の日です。今年も市内各地で敬老のお祝いが開催されますので、私も可能な限り出席し、皆さんと交流し、元気をいただけたらと思っています。
 今年7月に厚生労働省が発表した日本人の平均寿命は、男性81.09歳、女性87.26歳に達し、男女ともに世界トップレベルの高い水準にあります。
 8 月1 日現在における高山市の65 歳以上の高齢者は、男女の合計28,281 人となっており、私もその一人ですが、人口全体に占める比率、いわゆる高齢化率は31.9%となっています。米寿を迎えられた方は618人、最高齢は108歳を筆頭に100歳以上の方が65人おみえになり、たいへん喜ばしいことだと思っています。

 私は、65歳以上の高齢者世代を「生涯現役世代」と呼ばせていただいております。現代の65歳は、身体的に若々しい方もたくさんおみえになり、加えて長年培ってきた豊富な経験やお知恵をお持ちで、それはこのまちの貴重な財産であると考えています。
 市内には、20地区にまちづくり協議会が設立され、地域の皆さんの主体的な参加により、まちづくりが行われています。
 また国内から、世界からも多くのお客様を迎える高山市は、日常的な交流の場がまちの中にあります。これらだけでなく、皆さんの元気なお力を必要としている場は地域のあちらこちらにあります。

 今回の選挙では、高山市を次世代により良い形でつないでいく、そのための集大成を4年間で成し遂げていくことをお誓いしました。
 歴史ある高山市は言うまでもなく、先人たちが守り育ててきたまちであり、今を生きる私たちは、その恩恵に預かり、この平和で豊かな高山市で暮らしてまいりました。
 「生涯現役世代」の皆さまには、この高山市をより良い形で次世代につないでいくため、格別のお力添えをお願い申し上げる次第であります。

※「非常に強い」勢力で上陸の恐れがある台風21号が日本列島に接近してきております。高山市には9月4日の午後以降、最接近する予報です(9月1日現在)

最新の台風情報にご注意いただくとともに、万一に備え、避難場所、避難経路の確認などご準備をお願いいたします。

高山市長國島芳明(くにしまみちひろ)

   平成30年9月1日


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページに関するお問い合わせ

企画部 秘書課
電話:0577-35-3130 ファクス:0577-36-2060
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


このページのトップへ戻る