エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > ようこそ市長室へ > ダイアリー(市長の日記) > 市長ダイアリー平成30年(2018年) > 平成30年3月 ダイアリー(市長の日記)


ここから本文です。

平成30年3月 ダイアリー(市長の日記)

ページ番号 T1009306  更新日  平成30年3月30日

印刷 大きな文字で印刷

3月29日木曜日 飛騨信用組合様へ紺綬褒章の伝達

飛騨信用組合様に、内閣総理大臣より授与された「紺綬褒章(こんじゅほうしょう)」の伝達をさせていただきました。

これは、昨年と一昨年、観光振興に資する地域公共交通の充実運行資金として高山市に多額の寄附をいただいたことに対し、「公益のために多額の寄附をされた」として表彰されたものです。

現在、いただいた寄附金を活用し、平成32年4月からの運行を目指して、皆さんが乗りたくなるような観光に特化したバスの導入を検討しています。

飛騨信用組合様には、あらためて敬意と感謝の言葉を述べさせていただきました。

3月16日金曜日 快適環境づくり市民会議推進大会

快適環境づくり市民会議の推進大会が開催され、同会議の会長として出席いたしました。
この市民会議は、市民・事業所・団体・行政などが協力して環境保全活動に取り組むため、平成10年3月に設立されたもので、今年で満20年になります。

会議後、次の3つの活動事例の発表がありました。(団体敬称略)
1.高山工業高等学校電気科卒業生4人による小水力発電について
2.株式会社メカトロニクスによる清見町牧ケ洞の大規模太陽光発電について
3.NPO岐阜県園芸福祉協会飛騨支部による福祉施設などでのボランティア活動など同協会の取り組みについて

各団体が、目標を掲げ熱心に取り組んでくださっており、こうした活動が、地域に少しずつ広がりを見せていることをありがたく感じながら聴かせていただきました。
今後とも、市民一人ひとりができる省エネやごみ減量など快適な環境づくりに取り組んでいただけるよう、活動を推進いたします。

3月14日水曜日 市民と市長の対話集会(高根町)

高根町のまちづくり協議会「高根まちづくりの会」から対話集会をお申し込みいただき、高根公民館(高根支所)へ行ってきました。

当夜は40人余りの参加者があり、皆さんから道路整備や鳥獣被害対策、高地トレーニングエリアの充実など、さまざまなご意見・ご提案をいただきました。

高根町は人口330人余りですが、地域の皆さんはふるさとに誇りを持ち、まちづくりに熱心に取り組んでいらっしゃることが大変伝わる集会でした。皆さんの熱い思いにお応えしながら、よりよいまちづくりを目指してまいります。

今年度の対話集会はこの高根町が最後ですが、来年度も引き続きお受けしてまいります。

3月14日水曜日 第13回春の全国中学生ハンドボール選手権大会出場!

氷見市で開催される「第13回春の全国中学生ハンドボール選手権大会」に出場される東山中学校男子ハンドボール部と中山中学校女子ハンドボール部のみなさんの激励会を開催しました。

全国の舞台に岐阜県代表として、男女とも市内の中学校から出場することは、大変喜ばしく、誇りに思います。

選手の皆さんからは、「楽しんで、悔いのない試合をしてきたい」「全員の力を合わせて戦って、ベスト16を目指したい」と、大変心強い抱負を聞かせていただきました。

体調を整え、日頃の練習の成果と実力を発揮されることを期待しております。

3月12日月曜日 平成29年度第3回高山市総合教育会議

この会議は、市長と教育委員会が高山市の教育のあり方や方向性について、共に考え推進していくことを目的として設置している会議で、今年度3回目の開催となります。

本日の会議では、児童生徒等の重大事態調査委員会の設置について、市のいじめ防止基本方針の策定に向けた取り組みについて、高山市教育大綱の推進に向けた平成30年度の主な取り組みなどについて協議させていただきました。

今後も教育大綱にある願いの実現に向けて、学校、家庭、地域の皆さんとともに高山の子どもたちのための各種施策を進めていきたいと思います。

 

3月11日日曜日 「平和への絆」の鉦の打ち鳴らし(東日本大震災犠牲者追悼)

極めて多数の犠牲者を出し、未曾有の大災害であった東日本大震災から7年が経過しました。
市では、震災の記憶を継承していくとともに、この震災により亡くなられた方々に哀悼の意を表するため、発災時刻である午後2時46分に、市の呼びかけにご賛同いただいた寺院などとともに鉦(鐘)を打ち鳴らしました。

また、当日は、故郷宮城県女川町で被災し、ご家族で高山市に移住された末永賢治(すえながけんじ)さんに、今の思いをメッセージとして頂戴しました。
お話をお伺いし、大震災の犠牲になられた方々のことを思い、今を生きる我々は災害に備えていかなければならないとの思いを改めて痛感いたしました。

3月7日水曜日 市民と市長の対話集会(こくふ交流センター)

国府町まちづくり協議会より「市民と市長の対話集会」をお申し込みいただき、地域の皆さんと意見交換させていただきました。

この対話集会は、地域の皆さんの夢や希望、課題などを率直に語り合い、市民と行政の協働によるまちづくりを進めていくために開催しており、本年度は今回で12会場目になります。

冒頭に、日本遺産に認定された文化財の活用についてお話しさせていただいた後、地域の皆さんからは、移住者への支援や児童館の利用、交通安全、町内会への加入促進、地元への観光誘客など、様々なご意見を伺わせていただきました。
ご意見をお聴きする中で、よりよいまちづくりへの皆さんの思いを実感し、大変貴重な時間となりました。

3月7日水曜日 市議会一般質問

市議会定例会では、本日から一般質問が始まりました。
今議会の質問者は15人。市政に関するさまざまな質問をいただき、行政の考え方をお答えしております。

一般質問は9日金曜日までの日程で開催されます。
議場で傍聴いただけるほか、インターネットやヒットネットTVでも視聴できます。
ぜひご覧ください。

3月6日火曜日 ガンバレ!FC岐阜!

FC岐阜の運営母体である株会社岐阜フットボールクラブの宮田代表が高山市役所を訪問してくださり、2017シーズンの報告と2018シーズンに向けた抱負を聞かせていただきました。

来る3月21日に長良川競技場(岐阜市)で開催される栃木SCとのホームタウン戦は「高山市の日」として、高山市民は無料で試合を観戦することができます。

市民のみなさんの応援をお願いします。

3月6日火曜日 高山警察署に感謝状を贈呈

地域の犯罪抑止に貢献された高山警察署に対して、感謝状を贈呈しました。

これは、平成29年における管内の刑法犯認知件数が一昨年より大幅に減少したことのほか、地域の犯罪抑止により、安全安心な市民生活はもとより、多くの観光客が安心して訪れることのできる国際観光都市づくりに貢献いただいたことに対し感謝の意を表して贈呈させていただいたものです。
引き続き、高山警察署と連携して、地域の安全安心に取り組んでまいります。

3月5日月曜日 第3回高山市長杯ゲートボール大会

高山市ゲートボール協会主催の第3回高山市長杯ゲートボール大会が開催され、開会式に出席させていただきました。

始球式も務めさせていただきましたが、ベテラン選手の皆さんの前での始球は、大変緊張しました。

ゲートボールは日本発祥の年齢・性別を問わず、いつでも、どこでも、誰とでも気軽に楽しめるスポーツです。
参加者の皆さんの元気なお姿に、改めてスポーツの素晴らしさを感じることができました。
本大会での皆さんのご健闘をお祈りするとともに、今後もゲートボールを通じて、健康づくり、仲間づくりに取り組んでいただけたらと思います。

3月4日日曜日 「第6回 12蔵・飛騨の蔵元 勢ぞろい!!」開催

春の日差しを感じる青空の下、飛騨高山まちの博物館で開催された「第6回 12蔵・飛騨の蔵元勢ぞろい!!」のオープニング・セレモニーに出席し、蔵元の方や関係者の皆さまと一緒に鏡割りと乾杯を行い、このイベントの成功を祈念いたしました。

この事業は、飛騨地域のおいしい酒を多く方に知っていただこうと始まったイベントで、1000円でチケットを購入いただいたお客様に、飛騨地域12蔵の自慢の酒の飲み比べを楽しんでいただくものです。

この日もオープニング直後から多くの観光客や地元の方で賑わい、それぞれお目当てのお酒の飲み比べを楽しんでみえました。
これをきっかけに少しでも「飛騨の酒」のファンが増えれば幸いです。

3月3日土曜日 「CLMと個別の指導計画」を活用した発達支援の実践報告会

岐阜県主催の「平成29年度『CLMと個別の指導計画』を活用した発達支援の実践報告会」が高山市民文化会館で開催されました。

NPO法人ライフ・ステージ・サポートみえの副理事長 中村みゆき先生を座長に迎え、高山市、笠松町、揖斐川町による実践報告を基に意見交換が行われました。
子どもたちが毎日通い育つところである保育や教育の現場において、早期の発達支援が大切であることを改めて実感しました。

高山市に生まれ育つすべての子どもたちが健やかに育つために、発達段階に応じた途切れのない支援ができるよう、関係機関と連携しながら、引き続き努力してまいりたいと思います。

3月3日土曜日 「高山へGO!キャンペーン」スタート記念セレモニー

明日3月6日火曜日から3月19日月曜日の期間で実施される「高山へGO!キャンペーン」のスタート記念セレモニーに出席してまいりました。

このキャンペーンは、市内事業者とコンビニエンスストア大手の株式会社ローソン様の連携により実施されるもので、ローソン中部エリア約1500店舗(一部地域除く)にて、市内事業者の食材を使ったコラボ商品の販売のほか、飛騨高山へのツアーや飛騨高山の名産品などがプレゼントされる企画となっています。

高山陣屋前広場で開かれたスタート記念セレモニーでは、市内参画事業者様への応援やコラボ商品の試食品の配布を行いました。
天候にも恵まれ、大勢の観光客の皆さまにセレモニーにご参加いただくことができ、本キャンペーンの良いスタートが切れました。

市民の皆さまも店頭にてぜひ飛騨高山のコラボ商品を探してみてください。

 

3月2日金曜日 第3期政策検討市民委員会が提案書を提出

第3期政策検討市民委員会の皆さまから提案書をご提出いただきました。

この委員会は、市民の目線で新たな政策の提案や各種事業の検証、見直しなどの提案をしていただくために平成23年9月に創設しました。

平成28年5月に発足した第3期政策検討市民委員会の皆さまが、2年間20回にわたり熱心に検討を進められた内容を提案書としてまとめられたものです。
ご提出いただいた5分野27項目の提案については、今後、政策や事業への反映に向け検討を進めていきたいと思います。

このページに関するお問い合わせ

企画部 秘書課
電話:0577-35-3130 ファクス:0577-36-2060
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る


このページのトップへ戻る