エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > ようこそ市長室へ


ここから本文です。

ようこそ市長室へ

ページ番号 T1000056  更新日  平成30年2月1日

印刷 大きな文字で印刷

ごあいさつ

魅力を紹介し、交流を促進! ~ジャパン・フェスティバルに参加します~

写真:國島芳明市長

 新年を迎えてから1カ月が過ぎました。年始は穏やかな天候が続き、飛騨特有の「雪またじ」をほとんどすることもなく過ごすことができました。
 また、年末と1月下旬には、少しまとまった降雪があったため、スキー場は営業できておりますし、雪景色を見に来た観光客の皆さまには『飛騨高山の冬』を心と体で感じていただけたのではないかと思っております。

 1月中は、お世話になっている方々への新年のご挨拶、新成人を祝うつどい、消防出初式、卸売市場の初市、各種関係団体の互礼会など、大変多くの行事等があり、市内外を駆け回らせていただきました。また、来年度の市政運営を展開していくうえで大変重要となる新年度予算の査定にも精力的に取り組んでまいりました。
 全地区を廻らせていただいた新成人を祝うつどいでは、800人を超える方々の晴れやかで希望に満ちたお顔を拝見することができました。新成人の皆さまには、いつまでも「ふるさと飛騨高山」のことを想い、さまざまな分野でご活躍されることを願っております。
 また、1月18日・19日には、農業高校生が育てた和牛の肉質と日ごろの取り組みを競う「第1回和牛甲子園」が開催され、飛騨高山高等学校が総合部門の最優秀賞を獲得されました。9月に開催された第11回全国和牛能力共進会の復興特別出品区「高校の部」の最優秀賞に続き、2冠の達成となりましたこと、心よりお祝いを申し上げます。そして、生徒の皆さんには、今後の飛騨地域の畜産業界をリードする人財としてさらに成長していただくとともに、後輩の皆さんに誇りと情熱を伝えていただきたくお願いを申し上げます。

 さて、2月2日金曜日~4日日曜日の間、ラオス人民民主共和国において、第4回ジャパン・フェスティバルが開催されます。このフェスティバルは、産業・文化・伝統・食など、日本の「強み」と「魅力」を総合的に紹介し、日本とラオスの交流を幅広く促進するイベントです。
 今回、高山市では日本とラオスの交流を促進するオールジャパン体制の一翼を担うため、日本大使館運営ブースへの出展とステージイベントへの出演をいたします。ブースでは、ポスター掲示やパンフレット配布はもちろんのこと、工芸品の展示や地酒の試飲会なども実施します。また、ステージイベントは、荘川町の若者で組織するアマチュアグループ「座・舞踊道」に、舞踊や大衆演劇を披露していただきます。
 高山市は、平成28年にJICA(独立行政法人国際協力機構)からの要請により、ラオスのルアンパバーン地域の振興策に当市の町並み保存と観光振興策を活用するため、「ルアンパバーン地域開発情報収集・確認調査検討会」に参画し、その後、ルアンパバーン郡との間で、両市が観光、文化財保護、農業、伝統工芸、防災などの分野にける協力交流を進めることについて協議し、確認書を取り交わしました。
 このことがきっかけで、昨年6月にラオスのトルトン・シースリット首相が来日した際の安倍内閣総理大臣主催の夕食会に私もご招待いただき、首相をはじめとする要人の方々にお会いさせていただきました。
 今回のジャパン・フェスティバルへの参加については、その際に引原在ラオス日本国大使からお話をいただいたものでありますので、私もラオスを訪問し、直接高山のピーアールをさせていただくとともに、ステージイベントへの出演を引き受けていただいた方々の激励をさせていただきます。また、引原大使やルアンパバーン郡長、JICAラオス事務所長ともお会いし、今後の交流や国際貢献などについてお話をさせていただく予定です。
 市民の皆さま方には、ラオスまで簡単にお出掛けいただくことはできませんので、市ホームページなどを通じて現地の様子等を報告させていただきます。ぜひご覧いただきますとともに、今後も国際交流について、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 暦のうえではもうすぐ立春を迎えますが、高山はまだまだ冬真っ盛りです。2月4日からは高山市と郡上市において「全国高等学校スキー大会」が開催され、ほおのき平スキー場ではアルペン競技が行われます。地元出身選手はアルペン競技に9人、クロスカントリー競技に5人出場されますので、日ごろの練習成果を十分に発揮し、目標を達成されることをお祈りしております。
 また、市内各地では、冬景色のライトアップ、かまくらまつり、酒蔵めぐりなど冬ならではのイベントがたくさん催されていますので、ぜひお出掛けいただき、冬の飛騨高山を肌で感じ、楽しんでください。
 寒い日が続きますが、体調管理や雪道での交通事故には十分気を付けていただき、健康でお過ごしくださることを願っております。

高山市長國島芳明(くにしまみちひろ)

   平成30年2月1日


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

このページに関するお問い合わせ

企画部 秘書課
電話:0577-35-3130 ファクス:0577-36-2060
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


このページのトップへ戻る