エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 飛騨高山まちの博物館 > 展示案内 > 産業


ここから本文です。

産業

ページ番号 T1001035  更新日  平成27年2月24日

印刷 大きな文字で印刷

高山の産業の絵画

金森氏は、国を豊かにするために山林政策に最も力を入れ、伐り出した材木を諸国へ販売し利益を上げました。江戸時代には、耕作地から多くの米が入ると、酒を造って売ることが最も利益が上がったので造り酒屋が増えました。明治初めの産物は、生糸、真綿、紬などが主なものでした。また、戦前には木材、木工業が盛んになりました。

ここでは各時代のおもな産業を通して、高山の経済を支えた基盤について紹介します。

このページに関するお問い合わせ

飛騨高山まちの博物館
電話:0577-32-1205 ファクス:0577-35-1970
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る


このページのトップへ戻る