エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 飛騨高山まちの博物館 > 展示案内 > 大火と防災


ここから本文です。

大火と防災

ページ番号 T1001033  更新日  平成27年2月24日

印刷 大きな文字で印刷

火消用具の写真

天明3年(1783年)に郡代の大原亀五郎正純により創設され、時を追って整備・拡充しながら町並を守ってきた10組の火消し組の勇壮な纏や法被、龍吐水と呼ばれる手製ポンプをはじめとする火消用具の数々を見ていただくことにより、火消し組の活躍を知ることができます。そして幾度の大火の歴史から高山町人が学んだ土蔵を生かした防火の知恵、並びに現代まで受けつがれる秋葉講等に見られる防火の心を解説します。

このページに関するお問い合わせ

飛騨高山まちの博物館
電話:0577-32-1205 ファクス:0577-35-1970
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る


このページのトップへ戻る